「翻訳家」募集

hanpo_31

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiデザイナー&中目黒Accent Colorオーナーの望月沙織です。

最近、twitterやFacebookを見ていると、しょっちゅうワンコやニャンコの里親募集の記事を目にします。

うちの犬はそういった里親募集の告知を見て引き取って来た子ですし、周りにも同じような経緯で犬猫を飼っている人が結構たくさんいるので、特にそういう書き込みに目がいくのかもしれません。

そして、飼い主を探している子がいるということは、そもそもその子たちが捨てられてしまったという事実が存在する訳で、少なくとも自分が知りうる限りの人間関係の中で、そういうことをする人というのが全く存在しないので(もしくは、表面上見えて来ないだけかもしれませんが…)、動物を遺棄する人がこんなにもたくさん自分と同じ世界に生きて存在している、ということがなかなか信じられません。

人間は、普通に生きていると、自分が心地いいと感じる人や話があう人と仲良くなる傾向がありますし、ソリがあわない人と無理に付き合う必要もないので、自分の価値感とはかけ離れた考え方をする人とは、良い意味でも悪い意味でも巡り会う機会はないんだと思います。

個人的な付き合いだけでなく、ビジネスにおいてもそうで、来て欲しくないタイプのお客さんはすっぱり切り捨ててしまうことが可能です(世の中はこれを称して「マーケティング」という)。

だから、世の中には自分が全く交わることのない&理解することができない世界というものがいくつも存在している可能性があるでしょうし、その存在に気がつくことなく一生を終える可能性もあると思います。

人生は意外と短くそれなりに忙しいので、自分の興味があることに集中するという意味では、それはそれでむしろいいことだと思います。

ただ、もしも交わるはずのない世界の存在に気がついてしまった時、そしてその世界となんとか相互に理解し合いたいと思った時、自分はどうするんだろう、、、と思うと、なかなかいいコタエがみつかりませんでした。

今回の犬猫の里親の件でいうと、はやり遺棄してしまう人にはなんとか思いとどまって欲しい(もしくは避妊・去勢手術などで増やさない努力をして欲しい)と思うので、まずはそういう語りかけをすると思いますが、相手が簡単に話を聞く体勢になったり、考えを改めたりするとは到底思えません。

普通の人間関係だったら、「だったらもう知らん」と関係を絶って終わりですが、それだと何も状況は変わりません。かといってわたくしには、そこに徹底的に情熱を傾けられるだけの気力も時間もありません。

そう思うと、もしかしたらこういう場合の橋渡しをするのが、政治家の役目なのかもしれない、と思いました。

犬猫の問題に関わらず、例えば戦争について、好戦的な意見を持つ人と、反戦派の人との間には、根本的にどういう断層が存在するのか。お互いの意見を聞き入れることのできない本質的な理由はどこにあるのか。

そういったことの「翻訳」係を率先して担ってくれる人がいたら、世の中のいがみ合いはちょっとずつ解消する気がします。そしてそういう役目に適任な職業って、政治家以外に思い浮かばないんですが、どうなんでしょうね(どちらかというと今の政治家は、ある一方の世界の立場に立って、その価値感を相手にごり押ししようとしている人ばかりのように見受けられます)。

ちなみにわたくしは、先にも書いた通り、意見のあわない人と根気づよく向き合うことはちょっとできそうにないので、とりあえず、自分がいいと思うもの・信じる世界を楽しく体現できるように生きていきたいな、と思ってます。

その姿をみて、「なんだ、あっちの世界も面白そうだな。ちょっと行ってみるか」と思ってくれる人がいたらそれは本望です。
バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー 望月沙織

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop *ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます) *Google+「Saori Mochizuki」ページ にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ