ネコのRouDouDou(ルドゥドゥ)ブランコに乗る in 中目黒 Accent Color

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

BrunoさんちのRouDouDouですが…

Brunoさんの新作「猫のRouDouDou(ルドゥドゥ)」

まるで空中ブランコに乗るかのようにうちのバッグで遊んでいます(^^)

ユラユラユラユラ…….

なんだかつい、わたくしもずーっと眺めてしまいます(笑)。


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

香港のジュエリーデザイナー・Coneyが中目黒にやってきました!

Saori Mochizuki 香港 Hong Kong Coney Co香港人のジュエリーデザイナー・コニーと、コニーのボーイフレンドでカメラマンの梅さんに囲まれてご満悦のお子。はるばるありがたいことです。ちなみに梅さんは、香港の人ですが、本当に苗字が梅さんです。もちろん読み方は「ウメ」ではありませんが、同じ漢字の文化を持つもの同士、共通の話題が色々あって楽しいです。

 

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Colorオーナーの望月沙織です。

わたくしが香港に行こうと思っていた矢先に、なんとまあ、香港から先にお客様がやってきました!

うちの店でも販売させてもらっているジュエリーブランド「Coney&Co.」のデザイナー・コニーです。

今、新宿伊勢丹で開催されているイベントに出品しているとのことで、そのタイミングにあわせてボーイフレンドの梅さんと来日したのです。

コニーとは今まで香港でいろんな話をしましたが、

通じあう瞬間
https://saorimochizuki.info/news/2015/03/05/12/00/50

わたくしのお子を見て、

「本当によかったね。この子は神様の贈り物だと思う。元気でいますように、っていつも祈ってるんだよ」

と言ってくれて、なんだかジーンとしてしまいました。

彼女とは母語が違うし、なにより香港-日本と距離が離れていますが、同じ国の中にいても、距離が遠い人はたくさんいるので、物理的な距離って本当に関係ないし、そうやって繋がっていたいと思う人と簡単につながることのできる現代のネット文化に心の底から感謝しました。

生後8ヶ月だけどもうすでに保育園に通っているということにびっくりしていて、

「そんなに幼いうちから大丈夫なの??自分のそばに置いて仕事をすることは難しいの?」

と、単刀直入にいろんなツッコミを入れてくるコニー。

それを受けて、そうなんだよね、そうなのよ、言わんとしていること、とてもよくわかります、でもね、といろんなことをコニーに説明しながら、改めて自分の気持ちや考えを振り返りました。

「お店もね、浮き沈みが激しくて大変よ〜」と、言ってる言葉とは裏腹に楽しそうに語るコニーの姿を見て、わたくしなんて、実感として、浮いた試しがないよ!と思ってしまいましたが(笑)、彼女の姿を見ていると、まだまだわたくしにはやり足りていないことが一杯あると気持ちが引き締まります。

「ま、どうせ半月後に会うもんね」

と、別れ際はあっさりと解散しましたが、次、香港で会う時までに、1mmでもいいから成長していられるよう、今日からまたちょっとずつ頑張ろうと思いました。

出張準備、頑張ります。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー 望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます
Google+「Saori Mochizuki」ページ
 にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

深まる謎

hanpo_34

今日、いつの間にかiPhoneの電源が落ち、なにをやってもつかない、という恐怖の症状に見舞われビビりました。こういう症状も、iPhoneが自発的に解決してくれる時代は来るのでしょうか…??(「ちょっとボク、調子悪いんでそろそろメンテに出して」みたいなメッセージを発してくる、とか…)

わたくしは先日、ホリエモン氏&脳科学者・中野信子氏&ペッパー君の開発者・林要氏が登壇する最先端のAI(人工知能)についてのパネルディスカッションを拝見してきました。

もともと「スターウォーズ」のR2-D2に代表されるような、SF映画に出てくる健気なロボットが好きで(というか、なんか目がそらせない)、その辺のことについては昔からあれこれぼんやりと考えていたのですが、最近はだんだんと高性能なロボットが身近に迫りつつある感じがして、久しぶりに改めて「ロボットって人間にとってどういう存在なんだろう、、、」ということを考えたくなりました。

ちなみに今回のパネルディスカッションでとても印象的だったのが、林さんがおっしゃっていた、「人工知能は身体を持たない」という言葉でした。

少し前に、芥川賞作家の羽田圭介さんもとフジテレビの「ワイドナショー」で、「人間は体の取り替えがきかないというところから恐怖感が生まれるけど、ロボットはそういうのがない(パーツを取り替えれば済むから)部分が大きな違いだと思う」というような主旨の話をされていましたが、林さんの言葉はこれに通じるものがあり、わたくしとしてはとっても目から鱗な考え方でした。

というのも、例えば映画「エイリアン」シリーズの中には、体がちぎれてしまった時に、ちぎれてしまった部分を「痛い」と感じるロボットが出てくるんです。

正確には、ちぎれてしまって既にないはずの足を痛がる「幻影肢」という症状を訴えるんですが、幻影肢は、ないはずの体のパーツを想像するという心理的な作用と非常に密接に絡んだ症状なので、これを見た時にわたくしは、「ロボットも心を持つのか…」と、強烈なイメージが頭にすりこまれてしまったのです。

でも、それはあくまでも映画の中のおハナシであって、実用性を考えたら「痛い」と感じたり、変に感情に左右される邪魔臭い機能なんてそもそもつける必要はない訳です。

わたくしはSF映画を観すぎたせいもあってか、頭のどこかで、「(ダメなところも含めて)ロボットや人工知能は人間とそっくり同じに作るべき」と思っていたようなフシがありましたが、パネラーのみなさんは口々に「こんな不完全な人間を完コピして何の意味がある??」とおっしゃっていて、改めて考えると、そりゃそうだよな、とハッとしました。

そうなると、SF映画のテンプレートの一つでもある「ロボットが人間を襲撃する!」みたいなことも現実味がなくなるし、それはそれでなんだか一安心って感じがするのですが、じゃあ一体どんな未来になるんだろう、、、と、増々よくわからなくなってしまいました。

おそらくそういうよくわからないところがロボットから目が離せない理由の一つでもあると思うので、時代が進むにつれて、ちょっとずつ「種明かし」を見ていけるのは楽しみな気もするのですが、一方でとってもせっかちなわたくしはすぐに結論が欲しくなるタチでもあるので、会場からの帰り道、また一段と謎が深まってしまったような気がして、ちょっとモンモンとしてしまいました。

数年後、もしくは数十年後にこの記事を振り返った時、なんて感じるのでしょうか、わたくしは。今よりも遥かにロボットが「進化」した時代まで、生きていられるでしょうか。

体調万全でコタエ合わせをしたいなと思いました。

 
バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Color」オーナー
望月沙織




Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ

ファッションのリンスインシャンプー化についての考察


会場のコーヒーショップ CoCo Espresso 701。立地もさることながら、建物の7階というへんぴな所にあるにもかかわらず、老若男女のお客さんがひっきりなしに来店するのでビックリしました。聞けば、オーナーが香港コーヒー界の有名人だそうです。そしてそれ以上にビックリしたのが、貸切スペースのお客さんも、ふらり来店のお客さんも、お互いに煙たがる風でもなく、自然に共存していたこと。うちのバッグも、単純にランチを食べに来たおばちゃんが買って行ってくれたりしました。

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー & Accent Colorのオーナー、望月沙織です。

わたくしは先週香港でポップアップショップを開催してきました。

香港のお取引先のお店、小時光(Xiaoshiguang)さんの2周年記念イベントの会場の一角にスペースをいただいたのです。

2月に営業に行った時に「3月にこんなイベントがあるけど、来る??」と言われ、わたくしもあんまり深いことを考えずに「行く行く!」と言ってしまったもんだから、一体どんなことになるのか全然予想がつかなかったのですが、行く前に送った商品の売れ行きが好調だったので、ワクワクしながら伺いました。

会場は、香港の、言ってみれば郊外のような場所でしょうか。

東京の町田出身で、八王子にある学校に通っていたわたくしから言わせれば、「こんなのはずれのうちに入らん!」という距離でしたが(笑。地下鉄とタクシーで、中心地から40、50分くらいでしょうか)、ネイティヴの人に言わせると、ものすごくへんぴな所だそうで、でも最近ではおしゃれとされている、インダストリアルエリアの工業団地のような建物の中にあるスタイリッシュなカフェで開催されました。

会場には、次から次へとファッショナブルな人が現れ圧倒されました。

なんて言うんでしょうか、50年代の古い映画の女優さんみたいに、クラシックで、でもちょっと華やかで、非日常的な感じのファッションがとても美しいのです。そして誰もがとても個性的でその人らしい雰囲気をまとっているのです。

(話しは少々飛びますが)先日、日本でドレスショップを経営している仲の良い知人と話しをした時に、

「お客さんにはよく、『普段にも仕事にもパーティにも使えて、派手すぎず地味すぎず、着回しのきくドレスはないか』って言われるんだけど、そんな都合のいいものはない!でも仕方がないのよ、今の日本人はお金持ってないから」

と言われて、そうかぁ、、、日本は今、ファッションにおいて「(お金をかけない)着まわし」が重要なのか、、、と改めて思い、ふと自分を振り返ってみると、なんとなくそんな感じのお洋服になってしまっていることに気がついて、少々悲しくなってしまいました。

忙しい日常を過ごしていると、オンとオフの境目がわからなくなるし、境目をつけずにどちらかに突入せざるを得なかったりします。

そうすると、どうしたってどっちにも通用する、もしくは切り替えが簡単にできることが最重要ポイントになってきて、うちの、コサージュが取り外せるバッグなんかはまさにその最たるものだと思うんですが、今の香港だとそれは少々中途半端になってしまう雰囲気もあり、改めてファッションについて考えさせられました。

もしかしたら、きっちりと線を引き、華美に着飾る時と、猛烈に仕事をする時と、区別して考えた方が、アイテム的にもよりそれぞれに「機能的」なのかもしれません(例えて言うなら、リンスインシャンプーよりも、ちゃんと別々のものを使った方が、手間だけど結果的には髪には良い、みたいな感じ、でしょうか)。

とはいえ、オンとオフ、きっちり線を引くのが難しいというのも(今の自分がそうだから)よくわかります。

だけと、香港のお客さんをみて、ちゃんとおしゃれをする、っていうのはいいことだなぁと感じてしまったわたくしもいます。

という訳で、改めて、バッグを通してどういう生き方を提案できるのか、考えさせられた今回の香港の旅でした。

さて、これを受けて、うちのブランドはどう発展していくのでしょうか。

またしばしあれこれ悩むと思います。ぽこん、と何か、うみだせるといいのですが。

どうぞ今後のSaori Mochizukiにご期待くださいませ(と、自分で自分にプレッシャーをかけてみた)。
バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Colorオーナー
望月沙織

Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ

通じ合う瞬間【香港・ジュエリーブランド「Coney&Co.(コニーアンドコー)」】

水玉バッグ Saori Mochizuki
香港のセントラルPMQの中にあるコニーのお店にて。左からコニー、わたくし、香港在住の友人Mさん)

こんにちは、バッグブランド「Saori Mochizuki」のデザイナー&セレクトショップ「Accent Color」のオーナー・望月沙織です。

ついに先週の日曜から、中目黒で実店舗が開店!

まだ様々なオペレーションが日常化されておらず、毎日システムをくみ上げるのにワタワタしております。

そんなさなかではありますが、少しずつ、お店のことを紹介してみようと思います。

今日は、うちのお店でのお取り扱いが日本初上陸となる、香港のジュエリーブランド「Coney & Co.」についてのお話しです。

ごくたまに、ですが、時々わたくしは、初めてなのに初めて会った気がしない人に巡り会うときがあります。Coney & Co.の香港人デザイナーConey(コニー)は、そんな人の1人でした。

彼女とは、2014年7月にわたくしが初めて香港の展示会に出展した時に出会いました。

水玉バッグ Saori Mochizuki
(デザイナーのコニー)

彼女が生み出すハイセンスなジュエリーとは不釣り合いなくらい、ガハハと陽気に笑うコニーの姿は、どことなく自分と似ている気がして、わたくし達はその日を境にあっという間に仲良くなりました。

ほぼ同世代で、1人で自分の名前を付けたブランドを立ち上げて…と、やっていることも似ているからでしょうか、お互いに母語ではない英語を挟んでの会話にも関わらず、わたくしは彼女の言わんとすること、目指したいもの、抱えているジレンマがよくわかり、あぁ、わたくしは決して1人ではないんだな、と思った記憶があります。

彼女のことが大好きな彼氏もいるけれど、「私は自由でいたい。だから結婚も子供もいらない」という彼女の様子を見ていると、もしかしたら香港は、日本以上に女性が色んなことを両立させるのが難しい社会なのかな、なんて思ったりもして、そこから更にまた様々なことを考えてしまうのですが、それでも「これが私の生きる道!」と、パワフルに、自分の進路を切り開きながら人生をまっとうしようとしているコニーの姿は、チャーミングで思わず応援したくなる何かがあります。

水玉バッグ Saori Mochizuki
(とても美しいコニーのお店。香港に行ってこの様子を見る度に、わたくしは自分の整理整頓能力のなさを呪います…)

そんな彼女が紡ぎだす美しいハンドメイドのジュエリーは、見ているだけで頭の中にわ〜っと物語が広がってくるような、不思議な奥行きがあります。

まだまだもっと、彼女のジュエリーについては語りたいこと、デザイナーとして「うわ〜っ!やられたっ!」と思うような絶妙なポイントが山のようにありますが、それはまたお店に遊びにきてくれた方に、ちょっとずつお話しできればな、と思っています。

ぜひ中目黒に、コニーの世界を体感しにいらして下さい。ちょっと興奮して口やかましい望月が、手ぐすね引いてお待ちしております…。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Colorオーナー
望月沙織

「てんてんしましまを探して」第27回 新年のご挨拶

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第27回 新年のご挨拶

1225_1

明けましておめでとうございます!

改めまして、バッグブランド、Saori Mochizukiを運営します株式会社アクセント・カラーの代表取締役・バッグデザイナーの望月沙織です。

昨年はネットショップをオープンし、沢山の方にご利用いただきました。本当にありがとうございました。

そして今年2015年、アクセント・カラーは住み慣れた二子玉川の地を離れまして、新しく中目黒に引っ越すこととなりました。

とても素敵な物件との出会いに恵まれまして、今までよりも広いスペースが確保できましたので、今回は店舗兼事務所として運営してまいります。

まずは1月中に事務機能を移転後、店舗オープンは2月に入ってからの予定です。

Saori Mochizukiのブランドコンセプト「日常をドラマチックに」を軸にして、「自分らしく生きたい」「何か新しいことに挑戦してみたい」と思っているけれど、忙しかったり、キッカケがなかったりで、なかなか機会が持てない方に、気軽にいろんなことを楽しんで頂けるような空間を作っていきたいと思っております。

場所の詳細はお引っ越し終了後(1月6日以降)に改めてご案内させて頂きます。

様々な成長と出会いをもたらしてくれた二子玉川の地を離れるのはとても寂しいですが、二子玉川で得た沢山の宝物を胸に、またイチから中目黒で頑張ってまいります。

新生アクセント・カラーにどうぞご期待くださいませ。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年 元日
株式会社アクセント・カラー
代表取締役 望月沙織

「てんてんしましまを探して」第26回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.5「仕事はツラいよ」仕事って教えられるのか、の巻

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第26回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.5「仕事はツラいよ」仕事って教えられるのか、の巻

前回までのストーリーはこちら:
第1回】【第2回】【第3回】【第4回】【第5回

さて、イベント開始前から約1ヶ月にわたってお送りしてきました高島屋大阪店Saori Mochizuki期間限定ショップのサイドストーリーですが、見事、イベント最終日の日程と「てんしま」更新日がぶつかりましたので、本日はイベントの総括含めて、色々振り返ってみたいと思います。

ちなみに今回のイベントでは、半日ずつ数日間だけ、大阪在住・マスコミ志望の学生タナカちゃんに販売接客のお仕事を頼みました。彼女はわたくしの高校時代の同級生で、現在、関西の某新聞社で働く友人Mが講師をつとめる専門学校の学生です。「もともとモチヅキはマスコミ業界出身だから、彼女も色々勉強になるかと思って~」と、紹介してくれました(助かりました。どうもありがとうーー!!)




「もし今、この瞬間に5千円稼いできて、って言われたらどうする??」

初日の勤務後、一緒に晩ごはんを食べに行った時、わたくしは彼女に聞きました。どうやったらうちの仕事をわかってもらえるだろうと思ったのです。

うーーーん、、、と頭を抱え込んでしまった彼女。

今から寒い夜の大阪の街に出て行って、歩いているおじさんに「タクシー代を下さい」って声かけるもよし。手元に持っている筆記用具を5千円で売るもよし。この店内で漫才はじめて木戸銭集めるもよし・・・。

世の中に方法はいくらでもあるけれど、わたくしは、バッグをデザインして、作って、東京から大阪に持ってきて、高島屋さんの店頭に並べて、お客さんに気に入ってもらって、お金を頂く。

これで「5千円」を稼いでいるのです。

そしてこうやって、なんにもない所からお金を生み出せる方法を考えることが「クリエイティブ(創造する、何かを創る)な仕事」と言うんだよ、と偉そうにウンチクをたれてみました。

じゃあそれを踏まえた上で、ということで、彼女には今回のイベントの商品の中で、彼女が一番好きだというアイテム「トント」(ネコのがま口)を売るためのコピーを考えてもらいました。

最初に考えてきたコピーはご覧の通りで、ちょっとつたなさ全開。

ただその時、どうして「レトロ」って思うの??それの何が良いと思うの??と問うと、彼女は次のように応えました。

「このコインケースを見て、頭に浮かんだ情景は、おうちのコタツの上に置いてあって、それを家族みんなが共有している。ちょっと買い物に行く時に、それをみんながパッとつかんで出て行くイメージだったんです。世代を越えて使えるっていうのも「レトロ」だと思いました」

それを聞いて、わたくしはちょっと嬉しくなりました。

正直言ってわたくしは、この「トント」を、そんなイメージで作っておりません。

どちらかと言えば、バリバリ働く女性のバッグの中から、こんなアイテムがぽろっと出てきたら、ギャップがあってかわいいよね、みたいな雰囲気で作っています。

でもかといって、そのイメージだけをお客様に押し付けたいとも思っていません。

なぜならば、ブランドは、イメージを「提案」しても、「強要」してはいけないと思うからです。

例えば、「軽いバッグを持つと、仕事も楽々できますよ~」という提案はしても、「仕事をする時は軽いバッグじゃなきゃダメなんです」って言い切ってはダメだと思ってます。

親からあれこれしろって言われるとやる気が失せるのと一緒で、ほんのちょっとでもいいから、お客さんが自分で好きに使えるような「余白」を残してあげないと、持ってて楽しい、って感情が湧かないんです。

でもブランドを立ち上げたばかりの頃のわたくしは、そのさじ加減がわかっていませんでした。「わたくしがかわいいって言ってるんだから全員持て!!」と、妙な迫力でお客さんに迫っていました。

そこからしばらくして、最近はようやく「余白」のことを考える余裕が自分にも生まれ、なるべくその部分を意識して作る&売るようになり始めたところだったので、今回彼女が「トント」に余白を見いだし、自分なりの色で埋めてくれた様子を見て、わたくしはなんだか報われた気がしたのです。

という訳で、「トント」の今回のイベントでのコピーが決まりました。いくつかタナカが送ってきた中から、わたくしがベストだと思ったものはこれです。

「家族のような暖かさ」

「家族」はあったかいものだ、と表現するタナカ。きっと暖かく、大切に育ててもらったのではないでしょうか。彼女の人柄もにじみ出ていると思います。芯でぷっくりと膨らんだ「トント」のフォルムも、手のひらにのせるとあったかくて、きっと身近な誰かに贈りたくなると思います。

このコピーで本当に「トント」が売れるのか?!を検証する時間は、今から今日の閉店まで、あと約8時間しか残っていないのが残念ですが(そしてそもそも「トント」の在庫が残りわずかなんですが、、、)関西にお住まいのみなさま、そして家族へのクリスマスプレゼントがまだの方は、ぜひ難波の高島屋大阪店1F中央イベントスペースに遊びに来てください。

20時半まで、てんてんしましまと一緒に、待ってます!

【 完 】

「クリスマス ガールズ マーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ12月10日(水)~25日(木) 高島屋大阪店 1階中央イベントスペース
場所・営業時間詳細は、島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)

「てんてんしましまを探して」第25回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.4「仕事はツラいよ」がんばれタナカの巻

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第25回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.4「仕事はツラいよ」がんばれタナカの巻

水玉バッグ 水玉バック

さて、高島屋大阪店のイベントも終盤戦。新人タナカもなんとなく店頭に慣れて来た頃ですが…。
新人アシスタント・タナカ(以下、タ):うーん。商品を売るのって、難しいです。

デザイナー・モチヅキ(以下、モ):そうでしょう、そうでしょう。お金をいただく場ですからね。そう簡単にはいきませんよ。

タ:もっと売りたいです。

モ:ちなみにあなたが今一番欲しいアイテムってなに??

タ:これです!!!

水玉バッグ 水玉バック

「トント(コインケース)」税込3,456円
モ:ほほう。なるほど。では、この「トント」を10個売るためのキャッチコピーを考えて来なさい!

タ:!!!!!(-。-;

(翌日…)

タ:モチヅキさん!みてください!どうですか、このコピー???!!!
・キュートなレトロ感をたっぷりつめたコインケース

・かばんから取り出すレトロ感

・会計時の小さなお洒落

・「あ、かわいい」と店員さんに思わせたい

・猫と水玉好きにはたまらない

・ちょこっと買い物、ちょこっとお洒落

・もっと僕を太らせて
モ:…この最後の、太らせて、ってなに??

タ:お金をもっと入れてね、ってことですよ!

モ:うーん…。そもそもさ、タナカはこの”トント”は、どういう商品だと思ってる??

タ:コインケースですよねっ!

モ:喝!もうそこからしてダメ。コインケースって思い込んでるから、お会計とか、お金とか、そういう言葉ばかりになるけど、これ、リップクリームとか目薬とか、ちょっとしたものを入れて使う人もいるかもだよ。鍵を入れるのにも使えるかもしれない。

でももし、小さな、このトントくらいのサイズのポーチを探しているお客様がいた時に、コインケースとしてしか使えない、と思い込んでいたら、オススメできないよね。

タ:なるほど…。

モ:あと、レトロレトロって言ってるけど、レトロ感をレトロって言葉で表現するほど陳腐なものはないぞ!レトロって感じを、レトロって言葉を使わずに表現するにはどうしたらいいか、それを考えなくちゃ。

タ:えっと…じゃあ、おばあちゃんの手作りとか、どうですか?

モ:(怒) あんた、肉じゃがじゃあるまいし、それって全くうちのブランドのイメージじゃないでしょっ!

例えば、”60年代の映画に出てくるような”とか、おしゃれな表現はほかにいくらでもあるんだから、もう一回出直して来なさーい!!!

タ:か、か、かしこましました、、、!

・・・というわけで、新人タナカはまともなキャッチコピーが書けるのでしょうか?
【 次号に続く 】

「クリスマス ガールズ マーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ12月10日(水)~25日(木) 高島屋大阪店 1階中央イベントスペース場所・営業時間詳細は、島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。【参加ブランド】(順不同)

Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)

starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)

fast couture(帽子)

japatic(バッグチャーム・ブローチ)

TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)

「てんてんしましまを探して」第24回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」どうせ私は居残りですよの巻

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第24回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」どうせ私は居残りですよの巻

前回までのストーリーはこちら:【第1回】【第2回】【第3回】【高島屋 大阪店 期間限定ショップ

水玉バッグ 水玉バック

新人アシスタント・タナカ(以下、タ)こんにちは!はじめまして!大阪在住、焼き鳥とボルドー色が好きなタナカです。縁あって今回、高島屋大阪店 Saori Mochizuki期間限定セレクトショップの接客担当を仰せつかりました。百貨店勤務は初めてなのでとても緊張しますが頑張ります!

デザイナー・モチヅキ(以下モ):よろしくー。どうもありがとう!ではまず搬入の説明をするよ。ちなみにこの時期の百貨店バックヤードは物流が増えて台車も一杯、人も一杯で殺気立っているから、くれぐれも怪我をしないよう気をつけてね!

タ:わかりました!それにしてもすごいですねー。迷路みたいです。

水玉バッグ 水玉バック

モ:そうなのよ。百貨店は一歩裏に入ると、もう何がなんだか。一説によれば、ドロボーが盗みに入っても簡単には歩き回れないよう、わざと複雑にしている、なんて話もあるんだけど、たいていは建物の増床とかで切り貼りしているうちに訳がわからなくなったパターンだと思うわ。

タ:ざ、在庫を取りに行く時、たどり着けるか心配です。。。

モ:そうなのよ。だからまずイベントの時に重要なのは、商品を納品する梱包段ボールの4面に、期間、イベント名、フロア名、ブランド名を明記する事なの。

水玉バッグ 水玉バック

タ:なるほど。こうしておけば台車にのっていてもパッと探しやすいですね。

モ:それだけじゃなく、万が一店内で行方不明になったり、盗難にあったりしても見つけてもらいやすいでしょ。

タ:(ふむふむ)

モ:ちなみに今回はお店が閉店後の作業になるので、時間勝負で行きますよー!

タ:時間勝負??

モ:そう、時間勝負。まずは、今日までイベントをしていたチームがお片づけをするまでうちは飾り付けができないでしょ。だからといってのんびりそれを待っていると、あっという間に終電の時間になっちゃって、帰れなくなっちゃうよ!

タ:きゃー、そ、それは困ります。。。

モ:だからまずは前のチームが終わるまでの間に、段ボールを開けて中身に不備がないかざっとチェックして、店頭に飾り付ける分をどんどん袋から出してスタンバイしておいてね。

タ:はっはい!わかりました!でも、、、どれから開けたらいいんですか??

モ:そのために、ほらこれ、「店頭先出用」って書いてあるの。これを開ければ、まずはざっと店頭が飾れる分が入っているはずよ。

タ:なるほど!わかりやすい!

モ:じゃあ検品してちょうだい!

タ:かしこまりました!

水玉バッグ 水玉バック

モ:そうこうしてたら、ほら、前のチームが終わったわよ!

タ:わーーっ!急いで並べねば!

モ:こらちょっと待ちなさい。いきなり手当たり次第に並べれば良いってもんでもないのよ。まずは、棚の幅やお客さんの動線を考えて、今回イチオシの商品をどこに置くか決めるの。それが今回のイベントの顔ですからね!で、それを決めたら、あとはそれを中心にバランスをみて配置していくから。

タ:かしこまりました!ではまず動線ですね...

モ:そうそう...

<2時間後>

モ:うぅ・・・。イベントやるのが久しぶりすぎて、カンが鈍ってる。お、終わらない...。

いや、とりあえずもうどんどん並べちゃうわよ!

タ:えーー。そんなんでいいんですか????

モ:だってこれが本当に良いディスプレイかどうかは、明日イベントが始まってみないとわからないじゃない。もしかしたらお客さんの手に取りにくい場所があるかもしれないし、思っていた所とは違う所が目立つかもしれないし、とにかく毎日お客さんの反応を見て、アレンジを変えて行かないとダメなのよ。だから今ここでつべこべ悩んでいても仕方ないわ。

タ:なるほどー。わかりました!それではまた明日!

モ:えっ?

タ:えっ??・・・いや、私、終電車がありますし。

モ:そ、そ、そ、そ、そうだよね。わたくしは、ここから歩いてすぐのウィークリーマンションだから、、、

タ:では、お疲れさまでしたー。

モ:あっ、明日の朝、研修(*)に遅れないでねーーー!!

タ:はーーーーぃ…!!

モ:う。うぅぅぅ。わたくしももう何もかも投げ出して、帰りたい、、、。でもそしたらこのこんがらかった棚の上、誰がやるんだ…

(涙)。くーーっ。どーせわたくしの人生、居残りですよっ。(涙)
【 完 】
アシスタント・イフク:・・・って、言ってるけど、本当の居残りは私ですからねっ。私は東京でお留守番なのに。2人とも大阪で盛り上がっちゃって。むーーーーー。もう福岡へ帰っちゃいますからねっ!...って誰もいないから言っても張り合いがない~~~(涙)。
【 本当の 完 】
その後、ディスプレイはめでたく完成しました!ぜひどんなことになっているか、見に来てくださいね。

水玉バッグ 水玉バック

*研修:たいていの百貨店は、店頭接客に立つ外部スタッフに向けて、研修制度を設けています。これを受けないと基本的には販売には立てません。研修では非常口の場所、開催中のイベントについて、カードの種類、ポイント制度等々、、、お客さんにご案内すべきあれこれのレクチャーを受けます。毎回覚えることが一杯で大変です。。。

「クリスマス ガールズ マーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ12月10日(水)~25日(木) 高島屋大阪店 1階中央イベントスペース

場所・営業時間詳細は、島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。

【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)

「てんてんしましまを探して」第23回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」イフク・福岡へ帰らせて頂きますの巻

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第23回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」イフク・福岡へ帰らせて頂きますの巻

前回までのストーリーはこちら:【第1回】【第2回】【高島屋 大阪店 期間限定ショップ

 

アシスタント・イフク(以下い):おーし!高島屋 大阪店の期間限定ショップ用ポップ、完成したぞ!あとは箱に詰めるだけだぞ!

水玉バッグ 水玉バック

高島屋大阪店 Saori Mochizuki期間限定セレクトショップ限定品 Saori Mochizuki×starmixセット

水玉バッグ 水玉バック

高島屋大阪店 Saori Mochizuki期間限定セレクトショップ限定品 Saori Mochizuki×starmixセット

デザイナー・モチヅキ(以下も):いやまだ作ってないポップあるよー。

い:ぎゃっ!まだあったんですかー!・・・ぎゃーーーー!!このギフトセットもめちゃくちゃかわいい~!なんですかこれはー???

水玉バッグ 水玉バック

TOIRO-firandoさんの「ヘアゴム」と「イヤホンジャックアクセサリー」

も:ふふ…。福岡の人気ブランド「TOIRO-FIRANDO」さんが今回のために作ってくれた、限定のスペシャルギフトセットよ。

い:ヘアゴムと、イヤホンジャックアクセサリーのセットだ!イヤホンジャックはうちのブランドでは作ってないアイテムだからお客さん喜ぶかも。

も:それだけじゃないのだよ。全セット組み合わせが違う、1点ものなのだ!!早い者勝ちなのだ!!!

水玉バッグ 水玉バック

高島屋大阪店 Saori Mochizuki期間限定セレクトショップ限定品TOIRO-firandoセット

い:!!!!!

も:お値段も、このイベントのためだけにラッピング込みで3,780円でご用意してもらったんだけど、ここだけの話、本当はこの倍くらいはするらしいよ。

い:うわー プレゼントにも良いけど、自分用に欲しい…

も:あ、そのセットだけど、

い:えぇわかってます。高島屋大阪店の期間限定ショップ用だから、今ここでは買えないんですよね。

も:学習したな。

い:しましたよ。もうその手には乗りません。でもいいんです。ご存知の通り、わたくし福岡出身ですから。こんど福岡に帰ったら、TOIRO-FIRANDOさんのところに行って買いますから!!へへーん!

も:え?

い:えっ?(嫌な予感…)

も:この商品、今回のためだけに作ってもらってるから、福岡にもないよ。

い:そ、そんなー!(泣)。もう、予定繰り上げて、じ、実家に帰らせて頂きますーーー。

も:いいけどさ、ポップの作業やったらね。で、段ボール大阪に送ったらね。

い:(号泣)

【 完 】

「クリスマス ガールズ マーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ12月10日(水)~25日(木) 高島屋大阪店 1階中央イベントスペース場所・営業時間詳細は、島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。

【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)

Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ