香港に行って気づく、自分の足らないもの・日本人としてのアイデンティティ

Saori Mochizuki Accent Color 中目黒 古民家

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

今回香港に行ってみて、改めて自分のやっていること、、、というか、やれてないことが浮き彫りになって、いろいろ悔しい思いをしております。

昨今は日本製の商品に対して、インバウンド需要が〜なんて叫ばれていますが、日本の中だけにいると、何がどう評価されているのかいまいちよくわかりません。

いや、よくわからないのではなくて、よくわかってないということにすら気づいていないんだ、ということがよくわかりました。

わたくしが今店をやっている物件も、なにげに築90年近い古民家です。耐震補強の関係もあって、中はかなりリノベーションされてしまっていますが、柱や天井など、まだ当時の面影がのぞける部分はたくさんあります。

そういうのも、知らず知らずのうちに持て余してしまっていたというか、なんというか。。。

もう一度、自分の「資産」を棚卸しして、それが最高に生きる形を模索せねば、と思った次第です。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

日本流の「おもてなし」は本当に必要か?!(Saori Mochizuki 香港期間限定ショップで考えたこと)

Saori Mochizuki Accent Color 香港期間限定ショップ 香港コンラッドこんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Colorオーナーの望月沙織です。

香港で商品を販売してみて改めて思ったことは、

「日本流の『おもてなし』は、受ける分には嬉しいけど、やる側に回るのは面倒くさいからやだなぁ、、、」

ということでした(苦笑)。

たとえば商品が売れた時のラッピング1つとってみても、香港の人は、ちょっとしたものなら、別に何にも言わなくてもそのままポンと自分のバッグに放り込んで持って帰ってくれます。

最近は日本でもエコの観点から簡易包装が浸透してきているので、「包装はいいですよー」といってくれるお客さまも多くなりましたが、それでも「包むこと」が初期設定なので、「包まない・袋に入れないこと」は前提にはなっておらず、「そのままでもいいですか?」と聞かずにそのままお渡しすると失礼になる印象があります。

【言わないでもやる日本と、言わないとやらない香港】

他にも、日本は以心伝心がよしとされる文化なので、先回りして、言わないでもかゆいところに手が届くことが当たり前とされていて、それが「おもてなし」として、世界的に評価されている感じですが、でも時には「別にそれは必要ないんだけどな、、、」というところにまで手厚いサービスがほどこされてちょっと戸惑う、、、なんてこともあります。

そして結果、それがブラック残業に結びついてしまってたりします。

逆に香港の場合は、言わないとやってくれないので、売上が(しつこく言うまで)支払われなかったりと、言わないでもやってもらえる日本式の文化に慣れていると「厄介だな、、、」と思うこともあります。

でも、お互いに無駄がないというか、ある意味必要最低限のことだけをやればいいので(まぁ、売上が支払われないというのは、必要最低限のことすらやれてないんですが…)、気が楽という良い面もあります。

【過剰なものを削ぐのも「おもてなし」】

これはどっちがいいのかなぁ、というと、どっちにもそれぞれメリット・デメリットがあるので、一概には割り切れない部分があります。

でも日本で仕事をしている時に、たまに、

「これ、本当にここまでする必要あるのかな?」

と思う時があるので、そんな時は一度冷静になって立ち返ってみて、思い切って先方に問うてみてもいいんじゃないかな、と思いました。

もしかしたら先方もそれをtoo muchに感じているかもしれず、でも断るタイミングを失っている、なんてこともあるかもしれません。

そういうものを極力そいでいくというのも、それはそれでおもてなし・思いやり、なのかもしれないと、香港で改めて感じました。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/


中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

香港についた!!(Saori Mochizuki海外期間限定ショップ in Hong Kong)

Maori Mochizuki hong kong 香港

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Colorオーナーの望月沙織です。

香港に無事着きましたー!!!

今回はお子付きだったのでどうなることやらと思ってましたが、こちらが拍子抜けするほどあっさり飛行機をクリア(離陸直前に爆睡。機内食が出てくるタイミングで自分も起き、サービスで頂いた離乳食をパクパク完食。隣の席の人たちを順番にジロジロ見て自己紹介(?)。最後はCAさんに「まったねー!」と愛想笑いでさよならをしてました、、、)。

商品も全て無傷でお店に収めることができたので、まずは第一段階の「無事に着く」がクリアーできてほっ。

明日からのイベント、頑張ります。

ちなみに写真は香港の横断歩道。

望月の

「望」

という字は、広東語では

「見る」

という意味だそうで、

「望月」

も、日本の古語だと

「満月」(藤原道長の「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」という短歌で有名ですね)

という意味になりますが、広東語だと

「月を見る」

になるそうです。いつだったか、香港人ジュエリーデザイナーのコニーが教えてくれました。

というわけで明日からはまた香港実況中継をしたいと思います。

イベントがんばるぞー!

■なお、香港出張のために、11月18日(金)と19日(土)の中目黒の店舗は臨時休業となりますのでご注意くださいませ

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー 望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます
Google+「Saori Mochizuki」ページ
 にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

英会話でボキャブラリーや文法よりも大切なこととは

Saori Mochizukiの海外出張 英会話 語学勉強

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Colorオーナーの望月沙織です。

 

香港の期間限定ショップまであとわずかとなり、現地との連絡が色々飛び交っております。

 

香港の人はイギリスの植民地だった名残もあって、基本的にはみなさん英語がしゃべれます。

 

なのでわたくしは基本的には英語で意思疎通を図っています。

 

今はメールやチャット的なツールがたくさんあるので、純粋に会話に依存せず、辞書で調べたり落ち着いて考えたりしながらコミュニケーションが図れるのでずいぶん楽です。

 

わたくしはみなさんが想像するほど英語が堪能ではないので、昔のように電話や対面の会話の比重が大きかった時代だったら、とてもじゃないけど今みたいに香港で仕事をすることはできなかったんじゃないかと思ってます。

 

というか、たいしたことのない語学力でもなんとかなってしまうので、これ以上上達しないというか、なんというか、、、。

 

まあ、googleの翻訳機能がどんどんパワーアップしているので、これから先の時代はそれでいいということなのかもしれません。

 

【重要なのは、その言語の背景にある「思考回路」】

 

 

そして外国語の会話で重要なのは、語彙力でも文法力でもなく、その言葉の思考回路に切り替えられるかどうか、だと思っています。

 

例えば日本語だと、婉曲的な表現が好まれるので、カドがたたないような言い回しを模索したりすると思うのですが、英語はそもそもバックグラウンドの異なる「分かり合えない者同士」が使う言葉なので、日本語的な「皆まで言わずともわかるだろう」という思考回路のままで喋ろうとするとちょっと無理があります。

 

なのでわたくしは英語を使うときは、意識してスイッチを入れ替えて、かなりオシの強い(相手に何をして欲しいのか、自分は何ができるのか、誤解の余地がない)思考回路で挑むようにしています。

 

「割引してあげるよー」

 

というときも、

 

I can give you discount.
(直訳すると、「私はあなたに割引を与えることができます」)

 

と、日本語だと「何様のつもり?!」(笑)的に響く表現を結構使ったりしています。

 

もちろん英語にも婉曲的な表現や謙虚な言い回しはありますが、そこまで堪能ではない人間が、そのあたりのことをイチイチ考えているとしゃべれなくなってしまうので、わたくしはこの雰囲気でガンガン乗り切っています。

 

そして香港の人も、かなりストレートに自分の言いたいことを表現してくるので、それに圧倒されないよう、遠慮なく思ったことを押し出しています。

 

この言いたいことをはっきり言い切る感じがわたくしには爽快で、後腐れがなく気分がいいので、これがわたくしが香港にはまった大きな理由なのかもな、と思いました(子供の頃からよく、「お前はモノをはっきり言い過ぎる」とたたかれて育ってきたので、、、)。

 

というわけで、今回も頑張って、ブロークン英語を振り回し、香港のお客さんと丁々発止を繰り広げてまいりたいと思います。

 

■なお、香港出張のために、11月18日(金)と19日(土)の中目黒の店舗は臨時休業となりますのでご注意くださいませ

 

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー 望月沙織

 

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 


 

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます
Google+「Saori Mochizuki」ページ
 にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ