専門家の意見 vs 自分の感覚

卵 アレルギー 子育て

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

 

先日食物アレルギーの話をしていた時のこと。

 

おかげさまでうちのお子は今の所なんでも問題なく食べられているのですが、すでにアラサーのお子さんを育てた方が、かつてのご自身の体験談として語ってくれたお話がとても興味深く心に刺さりました。

 

その方のお子さんは、離乳食の時に卵を食べさせたら、ドロボー状態(笑)に口の周りが真っ赤になってしまったそう。

 

それを見て、とりあえず病院に連れて行ったところ、案の定「卵アレルギー」との診断が下ったそうです。

 

で、お医者さんからは「卵を一切やめるように」と言われたそうなんですが、

 

「そんなこと言ったら、この子は一生卵が食べられなくなる、と思ったから、一応卵そのものを食べさせるのはやめたけど、ケーキや何かに混じっている場合には気にせずどんどん食べさせた。そしたらそのうちドロボー状態もなくなって、結局今では普通に卵が食べられるようになった」

 

とのことでした。

 

もちろん何事においても専門家の意見は大切です。

 

でもそれは、全てのケースに100%当てはまる訳でもないと思うので、どこまでが自分達のケースにあてはまるのか、毎日子供と向き合っている自分の感覚を優先することも大切だと思うのです。

 

もちろんこの方の場合は、お子さんの症状が軽かったから事なきを得た、という事なのかもしれませんが、日々真剣に子供と向き合っていれば、「先生はああ言っているけど、うちの子はここまでなら大丈夫だ」という感覚が自然と養われるでしょうし、そういう感覚が持てるか持てないかは、その後の結果にとても大きな違いをもたらすと思います。

 

なにより、たとえ結果が最悪なものになったとしても、自分で選び取った結果なら、まだ諦めもつくと思うのです。

 

というわけでわたくしも、お子との事に限らず、専門家の意見には十分に耳を傾けつつ、でも全てを鵜呑みにする事なく、時に自分の頭でしっかり考えてコタエを出せるよう、やっていけたらいいなーと思いました。

 

ちなみにどうでもいい事ですが、わたくしは卵かけ御飯があんまり好きではありません。半熟とかも苦手です(本当にどうでもいい情報ですみません、、、)。

 

そしてアレルギーの判断については、命にかかわる事もあると思うので、うかつに上記のことを信じて真似されませんようお願いします(これもまた、くれぐれもよく自分の頭で考えてご判断くださいませ)。

 


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

 

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 


 

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 

Saori Mochizukiの水玉バッグ

Saori Mochizukiの水玉バッグ

*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆

Saori Mochizuki Web Shop 
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます 
Google+「Saori Mochizuki」ページ 
にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村 ファッションブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。