着物に挑戦してみませんか?

新しい企画がスタート!
「てんてんしましまを探して」改め、「半歩先のドラマチック」がスタートします!「半歩先のドラマチック」は毎週木曜日 正午に更新。
最新版はこちら

第1回 「着物に挑戦してみませんか?」

水玉バッグ

先生ちら見せ。先日中目黒に遊びにいらしてくださった時のお召し物が、水玉に溢れていてわたくし大興奮しました。「これ“ブーツ”って言うんですよ」って言われて、一瞬「???」となりました(草履と足袋の柄を合わせると、足首までの“ブーツ”を履いているように見えるのでそう呼ぶそうです。なるほど!笑)。

 

こんにちは、バッグデザイナー&水玉研究家の望月沙織です。

さてみなさん、お着物って、自分で着られますか???

わたくしは着られます。

が、もともとは「帯揚げ」とか「おはしょり」とか言われても、何のことをさしているのかチンプンカンプンなほど、和服に関しては無頓着な人間でした。

でもあることがキッカケで、着付けを身につけるに至りました。

それは、義理の祖母(夫である撮影部長の祖母)のお葬式。

撮影部長の実家は、3代続く美容院でして、おばあちゃんが現役の頃は、結婚式のお嫁さんのお支度をたくさん手がけおり、自宅にもお弟子さんがいっぱい出入りしていました。

そのおばあちゃんが亡くなった時、近しい身内は職業柄もあって、全員着物の喪服を着ることになりました。

わたくしは、紋付の喪服自体は両親が作ってくれたものを持っていたのですが、もちろん結婚以来一度も紐解いたことはなかったので、お葬式の段取りの慌ただしい中で、「喪服持ってきて!」と言われても、どの道具をどう準備していいのかすら全くわからず途方に暮れてしまいました。

それでもなんとか必要なものを諸々を準備して向かったのですが、今度は着物が着られない、、、。

結局最後は訃報を聞いて各地から駆けつけてきてくださったおばあちゃんのお弟子さん達が(誰が一番弟子かをわたくしの頭越しに言い争いながら…笑)きれいに着付けて下さいました。

その時に、なんとも言えない情けない気持ちを味わったんですよね。

どうしておばあちゃんが元気なうちに、習っておかなかったんだろう、と激しく後悔しました。

もっと言うと、わたくし自身の母方の祖母のことも思い出して、後悔は倍増(うちの祖母はプロではありませんでしたが、やはり人に着せてあげられるスキルを持った人でした。でもその祖母も既に他界しております)。

わたくしには子供はおりませんが、もしいたとしたら、教えてあげることができません。ここで自分が身につけなかったら、もう次の世代に渡すことはできないのです。

もちろんそこまでわたくしが気負わずとも、世の中には着付けができる人はまだたくさんいるので、100%すたれることはないと思います。でも、2人の祖母の時代には日常だったことが、もはやそうではなくなりつつあることに若干のあせりを感じましたし、なにより2人にはとても良くしてもらい、色んな面でかわいがってもらったことを思うと、その2人から技術を受け継げなかった自分がとても嫌になりました。

そこで、一念発起をしたのです。

今では、ちょっと着てどこかにお出かけ、程度でしたらぱぱっと自分で着られるようになりました。

自分で簡単に着られるようになると、今度は着物が欲しくなるもので(笑)、色々集めたりもしています。自分で着られなかった頃は、和服というと、最低でもン十万円するもの、とぼんやり思っていましたが、今はネットオークションやリサイクルショップなどをのぞくと、数千円で帯まで一揃え買えちゃったりします。ちょっとしたお洋服よりも気軽に着て歩けるので、ますます楽しくなるんですよね。

そうやって着物を着て出歩くようになると、意外と「実は私も着てみたいと思っていた!」「でもどうしたらいいのかわからない」と言っている人が沢山周りにいるということに気がつきました。

そこで、どうしたらそういう人たちと一緒に着物が楽しめるかな、、、としばらく悶々としていたのですが、今回、中目黒の新しい事務所に移って、ちょっとしたワークショップスペースが作れたのを機に、簡単な着付けレッスン会を開催しようかと企んでおります。

もちろん、ご安心(?!)ください。講師はわたくしではありません。

とっても素敵な、その道のプロをお招きする予定でおります。

なんせうちがやるんですから、法外なレッスン料をふんだくったり、高い呉服を押し売りされる心配もありません。何回も何回も通わないと全貌を教えてもらえない、なんてこともありません。

ハードル低く始められる設定にして、着物が着られるようになったら、みんなでカフェにお茶しに行ったりと、ただただ純粋に着物を楽しむ会にしたいと思っております。自分が似合う色や柄の組み合わせなどもアドバイスいただけると思います。

まずはパイロット版というか、実験的にごくごく小規模から始めようと思っておりますので、大々的に募集告知をかけることはないと思うのですが、もしご興味がおありでしたら、ぜひお気軽にこちらまでお問い合わせください。場所は弊社中目黒事務所、大体3月以降から始動開始予定です!

ぜひ一緒に、気楽に、着物を楽しみましょう。

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki

香港ファッションウィークに出展します】
2015年1月19日〜22日
香港コンベンション&エキシビジョンセンター
ブースNo.3F-C151

Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ