進むか,引っ張るか

水玉バッグ Saori Mochizuki 本文とは一切関係がありません。こちらはSaori Mochizukiが参加している現在開催中のイベント「カラーニバル」@小田急新宿店2Fの様子です。いよいよ残す所あとわずかとなりました。3月31日まで!

 

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー&中目黒・Accent Colorのオーナー、望月沙織です。

先日、とあるショップ(仮にA店とします)がうちの商品の写真を無断で数十枚、自所のサイトにアップしているのを発見しました。

しかもどこからどう見てもA店で取り扱いがあるかのような見え方だったのですが、うちはその店とは一切そういう契約をした覚えはなかったので、今すぐ記事を削除して欲しい、と先方に警告しました。

すると、ほぼ100%罵詈雑言の、ものすごい量のメッセージが送られてきました、、、。

見るのも嫌だったので、しばらく放置していたのですが、一向に止まる気配がないので、やむにやまれずざっと開封してみると、とあるうちの取引先(仮にB店とします)の、Saori Mochizukiの紹介ページに言及して、「B店もやっているのに、なんでうちはダメなのか??」と書いてあるのです。

そもそもA店の言っていることは支離滅裂なので、取り合う必要もないのですが、やまないメールとエキセントリックな言動に若干の恐怖を覚え、こちらも色々調べてみると、どうやら好調なB店の様子を快く思っていないA店が、一方的にB店に対して嫉妬している、という図式が浮かび上がってきました。

その間にたまたま挟まれたのがうちだった、という感じでしょうか。

なので、「B店はうちの正式な取引先だから、うちの商品写真を自店のサイトにアップしても許される。あなたがやっていることとは全く質が異なるんですよ」ということを簡潔にメールすると、そこからは今度、B店に対する攻撃が始まりました、、、(自分の店のサイトにB店の悪口を掲載する、など)。

そんなことをやって、何の得になるというのか、、、と、わたくしは怒るとか怖いとかを通り越して、あきれてしまったのですが、うーん、こういう思考回路になってしまう人って、時々いるんですよね。

誰か目の前に、「自分よりもすごい!あの人みたいになりたい!」と思う人が現れた時、人には2パターンあると思います。

1つは、頑張って自分もその人と同じ所に登ろうとするパターン。

もう1つは、自分は動かず、相手の足を引っ張って、自分と同じ場所に引きずり下ろそうとするパターン。

どちらも「相手と同じ場所に自分もいたい」と思う気持ちは同じなんですが、向いているベクトルの方向が全く異なります。

また後者は、引きずり下ろしているように見えて、実は全く相手の位置は変わらず、どちらかといえば自分の位置が更に沈んでいくだけなので、いつまでたっても相手と自分の距離は埋まりません。

そんなに努力するのって、しんどいことなのかな、って思いますが、きっと後者みたいな人にとっては、とても難しいことなんでしょうね。

というか、世の中難しいことだらけです。

もちろん結果なんてすぐに出ません。わたくしもそうだからよーくわかりますが、失敗だって沢山します。

でもだからこそ、そこで結果を出している人は羨ましがられるのではないでしょうか。難しくって当たり前なんです。誰にでもできること、なんて、所詮は誰にでもできること、なんですから。

今後、攻撃的なA店がどういう行動に出るのかは全く予想がつきませんが、唯一言えることは、他人がどうであれ、わたくしはわたくしが信じる道に、小さな一歩でもいいから着実に足跡を残していくだけ、ということです。

他人にあれこれ嫌がらせをしている時間があるなら、ちょっとでもいいから自分が高みに登れるための努力をすればいいのに。もったいない!

時間は有限だよ、そんなことやっていたら、あっという間にご臨終の時だよ、と思いましたが、、、なかなか哀しいことです。

色んな意味でむなしくなった今日この頃です。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー

セレクトショップ「Accent Colorオーナー

望月沙織

水玉 リボントートバッグ

水玉 トートバッグ

水玉 ショルダー ハンド クラッチ バッグ

水玉 ボストンバッグ

水玉 コサージュ

水玉 ハンドバッグ

水玉 革ハンドルトート

水玉 長財布