ホロコーストを否定してまで手に入れたい愛とは?/映画「否定と肯定」2017年12月公開

映画 否定と肯定 ホロコースト ユダヤ人 イギリス 法律 レイチェルワイズ デボラリップシュタット
こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

 

映画「否定と肯定」を観てきました。

 

これ、原題は「DENIAL」という単純な一語で表現されています。

 

この単語には「否定」や「否認」、「拒絶」といういくつかの訳が当てられますが、わたくしはその中でも「拒絶」が一番今回の映画にピッタリの言葉なんじゃないかな、という気がしました。

 

ホロコースト研究者の主人公デボラ・E・リップシュタットを名誉毀損で訴えたデイヴィッド・アーヴィングという人物は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の否定のみならず、人種差別・男女差別すらも平気で口にする人物です。

 

とにかく凸彫りのように、自分の周りのものを拒絶してそぎおとしていくことで、やっと自分の存在が浮き彫りになる。

 

ホロコーストを拒絶してまで存在を認めてほしいとは、一体この人は、どれだけ受け入れてもらえない人生を送ってきた人なんだろう、と、違った意味でとても興味が湧きました。

 

人は、自分が受けてきたやり方でしか、人に接することができません。

 

おそらくこのデイヴィッド・アーヴィングという人は、子どもの頃、何をやっても認めてもらえなかった過去がある、もしくはなんでも心を開かず、拒否してかかる大人に囲まれて育ってしまったのではないでしょうか。

 

リップシュタットを訴えたのも、たとえネガティブな言動が元になっていたとしても、そうやって騒ぎを起こすことで自分の「学者」としての存在価値を世に知らしめたいと思っているから。

 

こういう面倒くさい形の「かまってちゃん」タイプの人間は、無視されるのが一番堪えます。

 

実際、「彼の思うツボだから、裁判は受けて立たない方がいい」と、リップシュタットにアドバイスする人もいました。

 

でも、内容が内容だけに、無視できない。

 

ゆえに彼女は弁護団を組んで立ち向かいます。

 

しかし弁護団もノコノコと法廷に出て行った訳ではありません。

 

ホロコースト生存者やリップシュタット本人を法廷で証言させない、など、アーヴィングが最も「拒絶したい」であろう対象を彼の眼の前から徹底的に遠ざけます。

 

ここぞという時は、アーヴィングのかまってちゃん欲をあえて満たしてあげることで、自分たちに有利な選択肢へと彼を誘導します。

 

もっともパンチが効いている!と思ったのは、ラスト、この裁判に結論が出た時の場面でして、弁護団側は、アーヴィングが求めてきたとあるものを、徹底的に無視しました。

 

わたくしはこのシーンが今回の映画の中で一番心に刺さりました。

 

その後、テレビで裁判結果を否定しまくっているアーヴィングの姿を見て、弁護団の一人、ジュリアスが「彼が一番得したね」的な軽口を叩くのですが、心の底からアーヴィングが哀れに思えてなりませんでした(後年アーヴィングは、この裁判が痛手となって破産します)。

 

そこまでして認めてほしい自分の存在価値って、一体なんぼのものなんでしょうか。

 

人間の、愛情への欲深さを改めて感じた作品でした。

 

ちなみにこの映画をきっかけにして新たに知って驚いたことが2つ。

 

一つは、イギリスでは、名誉毀損で訴えられると、訴えられた人間は「お前は名誉毀損という罪を犯した」ということが前提で話が進む、ということ。

 

ゆえに今回、「あいつが私の価値をおとしめた!」と言われたリップシュタット側が、訴えてきたアーヴィングに対して、「いやあんたの言ってることは、こことここがおかしいから、名誉毀損でもなんでもないんだよ!」と証明しなければならなかったのですが、日本(とリップシュタットが住むアメリカ)では一応大前提として、それとは真逆の推定無罪(疑わしきは罰せず)の視点に立って司法制度は組まれています。

 

最初から黒と思われているか、白と思われているか、はとても大きな違いで、なんでイギリスではこんなシステムが組みあがったのか、その理由が知りたくなりました。

 

それからもう一つ。

 

それは、ドイツとオーストリアでは、ホロコーストを否定することが法律で禁じられている、ということ。

 

これは、映画の後にちょっと調べたアーヴィングの経歴を見て知ったのですが(彼はホロコーストを否定した罪で、オーストリアで有罪判決を受けています)そこまで徹底されているとは知りませんでした。一応大学時代、ドイツ語を勉強していて、ドイツにも何度か行ったことがあるにもかかわらず、全くもって無知でした。。。

 

(おまけ)

 

映画 嘘八百 中井貴一 佐々木蔵之介 コメディ

 

年明けは、この映画がちょっと気になります。

 

映画「嘘八百」

 

中井貴一の喜劇俳優っぷり、わたくしは三谷幸喜のこの↓作品が大好きです。

 

 

これ、びっくりすることに、1時間半以上の全編1カットで撮られています。俳優にとっては(いや、スタッフもだな)とっても恐ろしい作品だと思います。「嘘八百」の予習(?)としてぜひ。

 

 

最新情報はInstagramで更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

 


 

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 

Saori Mochizukiの水玉バッグ

Saori Mochizukiの水玉バッグ

*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆

Saori Mochizuki Web Shop 
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます 
Google+「Saori Mochizuki」ページ 
にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村 ファッションブログへ

子供を殺し屋にしないためには/映画「ザ・コンサルタント」(ベン・アフレック主演)

ザ・コンサルタント ベン・アフレック(「ザ・コンサルタント」の予告編キャプチャー画像)

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

来年(2017年)1月21日公開予定の映画「ザ・コンサルタント」を拝見しました。

「ザ・コンサルタント」
監督:ギャビン・オコナー
主演:ベン・アフレック
http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

赤い色を見たことのない人は、赤を語れない。

そんな言葉がぴったりの映画だな、と思いました。

ベン・アフレック演じるクリスチャン・ウルフは、高機能自閉症スペクトラムです。

数字には驚異的な能力を発揮するものの、いわゆる社会性に欠け、こだわりが強く、うまく人間関係を築くことができません。

そんな彼を、「自分なり」のやり方で育て、生きていくスベを身につけさせようとした彼の父親。

お話しは、全てこの父親の教育方針に端を発します。

人と違うことで社会から孤立していくであろうクリスチャンの将来を悲観した父親は、彼がこの世の中で生き抜いていけるようにと、幼い頃から徹底的に戦闘的武術を叩き込みます。

内向的で青白い顔をしたクリスチャンは、どうみたって武術に向くタイプではなく、そんなことを無理してやらせるよりかは、専門家も舌を巻く数学の能力を延ばしてあげる方がよっぽどマシなのに、父親の中にはそんな選択肢は微塵も存在しません。

なぜならば彼は軍人であり、戦いの能力で人生を切り開いてきた人間だからです。

それ以外のやり方を、知らなかったのです。

結局クリスチャンは、会計士でありつつ、闇の社会で暗躍する殺し屋という二面性をもった人生を歩むことになります。

どうしてそんな極端な人生を歩むのか?

ぱっと見はとても不可解に思えます。

でもクリスチャンにとっては、天才的な数学の能力と、徹底的に仕込まれた戦闘能力という、自分が持ち得る2つの才能を素直に活かしたらそうなっただけのことで、逆にいうと彼にはこれ以外の生き方は存在しないのです。

途中、彼の存在を追う財務省の犯罪捜査部は

「こんな危険な仕事をしていて、なぜ彼は闇の組織に消されないのか?」

といぶかしがりますが、コタエは簡単で、クリスチャンは、ただただ自分の人生を全うしているだけだから、なのです。

彼にとっては、数字に一貫性があり、父親から教え込まれた戦闘能力が発揮できた時点で全てが満たされてしまうので、普通(?)のチンピラがするような強請りや脅しには全く興味がなく、結果それが彼を生かしているのです。

文字通り死にそうになるまで武術を叩き込まれる幼いクリスチャンの姿を見ていると、彼の父親に憎しみの感情が湧きますし、もしも父親が軍人じゃなかったら、こんな過酷な人生を歩まずに済んだのに、と思わずにはいられません。

でもおそらくこれは彼の父親なりの最大限の愛情であって、罪を憎んで人を憎まずではありませんが、もし憎むとしたら、父親の、軍人以外の生き方を知らなかった経験値の薄さであって、父親そのものは、もしかしたら計り知れないほど愛情に満ちあふれた人だったのかもしれないな、と感じました。

現にクリスチャンの父親は、もっとも彼らしいやり方で、クリスチャンを救います。

これもまた、彼が軍人ではなかったら、もっと違った結末が待っていたのではないか、と思いますが、徹底的に自分流のやり方が貫けたという意味に置いては、ほかの誰よりも幸せな結果だったのかもしれません。

親になった今、自分だったらクリスチャンをどう育てるんだろう、ということばかりを考えてしまった2時間でしたが、改めて肝に銘じたことは、できうる限り、広い視野を持って生きていきたいということでした。

親の理想とする形を踏襲してくれたら、親としてはとても嬉しいけれど、果たしてそれが全てなのかどうか、子供の人生を極端なモノにしていないかどうか、立ち止まって考える余裕を持ちたいな、と噛み締めさせられた映画でした。

年明け、ぜひご覧になってみてください。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/


中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

まずは、今ある日常を全うすること【映画「この世界の片隅に」】

この世界の片隅に

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

話題の映画「この世界の片隅に」を観てきました。

なんでもない日常にも、ドラマチックなことは潜んでいる、

をモットーにバッグ作りしていたつもりでしたが、知らず知らずのうちに単なるドラマチックを追い求めてしまっていたな、ということに気づかされた映画でした。

主人公のすずさんは、あるがままの日常を受け入れ、自分の短所に開き直ることもなく、かといって卑下することもなく、思ったことはきちんと表現しながら生きています。

 

誰だかよくわからない相手にお嫁に出されても、戦争中で、息がつまるような生活を強いられても、何かを恨むこともなく、その与えられた状況に全力でぶつかっていっています。

なんでそんなに素直なのか、それは、今みたいにグーグル先生もおらず、簡単に自分とそれ以外の存在を比べることができない時代だったから、今自分が置かれている価値観を疑わないでも生きていられたということなのかもしれません。

実際すずさんは、後半、日本が戦争に負け、信じていた世界・生活が崩れ去った時、激しく動揺します。ボーッとしたままの自分で死にたかったと、猛烈にショックを受けるのです。

なんとなく、今のわたくしって、そんな状況にあるな、と思いました。

いや、すずさんの体験に比べたら、わたくしの置かれている環境は生ぬるくて笑っちゃうほどのものですが、SNSが発達して他人の日常が次々に見れてしまい、さらには海外にもぽんと簡単に行けるようになってしまった今、求めれば求めるだけ高みは存在し、それが時に自分を苦しめることがあります。

井の中の蛙が幸せかといったら、それはなんとも言えませんが、でも目の前の井戸の広さを思う存分満喫する前に、大海にばかり思いをはせるのは、それはそれで不幸だな、と思うのです。

大海に出て行くにしても、まずは今、自分が与えられた環境を、すずさんが必死に生きたように、生きてみること。

その上で、大海に踏み出してもいいんじゃないの?!ということに気づかされました。

幸いわたくしは、すずさんと違って、今置かれている環境とは違う世界がある、ということを自覚しながら井の中にいることができます。

外の世界に侵食されそうになる自分を保っていくのはなかなか簡単なことではありませんが、まずは与えられた人生をとことん全うしてみよう。

この映画を観て、そう思いました。

まだまだ中目黒でやり散らかしてることは山のようにあります。

落ち着いて、日常と向き合いたいと思います。


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ