子供を殺し屋にしないためには/映画「ザ・コンサルタント」(ベン・アフレック主演)

ザ・コンサルタント ベン・アフレック(「ザ・コンサルタント」の予告編キャプチャー画像)

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

来年(2017年)1月21日公開予定の映画「ザ・コンサルタント」を拝見しました。

「ザ・コンサルタント」
監督:ギャビン・オコナー
主演:ベン・アフレック
http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

赤い色を見たことのない人は、赤を語れない。

そんな言葉がぴったりの映画だな、と思いました。

ベン・アフレック演じるクリスチャン・ウルフは、高機能自閉症スペクトラムです。

数字には驚異的な能力を発揮するものの、いわゆる社会性に欠け、こだわりが強く、うまく人間関係を築くことができません。

そんな彼を、「自分なり」のやり方で育て、生きていくスベを身につけさせようとした彼の父親。

お話しは、全てこの父親の教育方針に端を発します。

人と違うことで社会から孤立していくであろうクリスチャンの将来を悲観した父親は、彼がこの世の中で生き抜いていけるようにと、幼い頃から徹底的に戦闘的武術を叩き込みます。

内向的で青白い顔をしたクリスチャンは、どうみたって武術に向くタイプではなく、そんなことを無理してやらせるよりかは、専門家も舌を巻く数学の能力を延ばしてあげる方がよっぽどマシなのに、父親の中にはそんな選択肢は微塵も存在しません。

なぜならば彼は軍人であり、戦いの能力で人生を切り開いてきた人間だからです。

それ以外のやり方を、知らなかったのです。

結局クリスチャンは、会計士でありつつ、闇の社会で暗躍する殺し屋という二面性をもった人生を歩むことになります。

どうしてそんな極端な人生を歩むのか?

ぱっと見はとても不可解に思えます。

でもクリスチャンにとっては、天才的な数学の能力と、徹底的に仕込まれた戦闘能力という、自分が持ち得る2つの才能を素直に活かしたらそうなっただけのことで、逆にいうと彼にはこれ以外の生き方は存在しないのです。

途中、彼の存在を追う財務省の犯罪捜査部は

「こんな危険な仕事をしていて、なぜ彼は闇の組織に消されないのか?」

といぶかしがりますが、コタエは簡単で、クリスチャンは、ただただ自分の人生を全うしているだけだから、なのです。

彼にとっては、数字に一貫性があり、父親から教え込まれた戦闘能力が発揮できた時点で全てが満たされてしまうので、普通(?)のチンピラがするような強請りや脅しには全く興味がなく、結果それが彼を生かしているのです。

文字通り死にそうになるまで武術を叩き込まれる幼いクリスチャンの姿を見ていると、彼の父親に憎しみの感情が湧きますし、もしも父親が軍人じゃなかったら、こんな過酷な人生を歩まずに済んだのに、と思わずにはいられません。

でもおそらくこれは彼の父親なりの最大限の愛情であって、罪を憎んで人を憎まずではありませんが、もし憎むとしたら、父親の、軍人以外の生き方を知らなかった経験値の薄さであって、父親そのものは、もしかしたら計り知れないほど愛情に満ちあふれた人だったのかもしれないな、と感じました。

現にクリスチャンの父親は、もっとも彼らしいやり方で、クリスチャンを救います。

これもまた、彼が軍人ではなかったら、もっと違った結末が待っていたのではないか、と思いますが、徹底的に自分流のやり方が貫けたという意味に置いては、ほかの誰よりも幸せな結果だったのかもしれません。

親になった今、自分だったらクリスチャンをどう育てるんだろう、ということばかりを考えてしまった2時間でしたが、改めて肝に銘じたことは、できうる限り、広い視野を持って生きていきたいということでした。

親の理想とする形を踏襲してくれたら、親としてはとても嬉しいけれど、果たしてそれが全てなのかどうか、子供の人生を極端なモノにしていないかどうか、立ち止まって考える余裕を持ちたいな、と噛み締めさせられた映画でした。

年明け、ぜひご覧になってみてください。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/


中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

まずは、今ある日常を全うすること【映画「この世界の片隅に」】

この世界の片隅に

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

話題の映画「この世界の片隅に」を観てきました。

なんでもない日常にも、ドラマチックなことは潜んでいる、

をモットーにバッグ作りしていたつもりでしたが、知らず知らずのうちに単なるドラマチックを追い求めてしまっていたな、ということに気づかされた映画でした。

主人公のすずさんは、あるがままの日常を受け入れ、自分の短所に開き直ることもなく、かといって卑下することもなく、思ったことはきちんと表現しながら生きています。

 

誰だかよくわからない相手にお嫁に出されても、戦争中で、息がつまるような生活を強いられても、何かを恨むこともなく、その与えられた状況に全力でぶつかっていっています。

なんでそんなに素直なのか、それは、今みたいにグーグル先生もおらず、簡単に自分とそれ以外の存在を比べることができない時代だったから、今自分が置かれている価値観を疑わないでも生きていられたということなのかもしれません。

実際すずさんは、後半、日本が戦争に負け、信じていた世界・生活が崩れ去った時、激しく動揺します。ボーッとしたままの自分で死にたかったと、猛烈にショックを受けるのです。

なんとなく、今のわたくしって、そんな状況にあるな、と思いました。

いや、すずさんの体験に比べたら、わたくしの置かれている環境は生ぬるくて笑っちゃうほどのものですが、SNSが発達して他人の日常が次々に見れてしまい、さらには海外にもぽんと簡単に行けるようになってしまった今、求めれば求めるだけ高みは存在し、それが時に自分を苦しめることがあります。

井の中の蛙が幸せかといったら、それはなんとも言えませんが、でも目の前の井戸の広さを思う存分満喫する前に、大海にばかり思いをはせるのは、それはそれで不幸だな、と思うのです。

大海に出て行くにしても、まずは今、自分が与えられた環境を、すずさんが必死に生きたように、生きてみること。

その上で、大海に踏み出してもいいんじゃないの?!ということに気づかされました。

幸いわたくしは、すずさんと違って、今置かれている環境とは違う世界がある、ということを自覚しながら井の中にいることができます。

外の世界に侵食されそうになる自分を保っていくのはなかなか簡単なことではありませんが、まずは与えられた人生をとことん全うしてみよう。

この映画を観て、そう思いました。

まだまだ中目黒でやり散らかしてることは山のようにあります。

落ち着いて、日常と向き合いたいと思います。


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

これは行かねば!

ミシェルゴンドリー

こんにちは、水玉とストライプ・ボーダーのバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー/水玉研究家の望月沙織です。

先日清澄白河駅を通りかかった時のこと、こんなポスターを見つけました!

「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」

わたくし、ミシェル・ゴンドリーが大好きです。初めてミシェル・ゴンドリーの映像を見たのは、大学生の頃、何かの映像イベントの時で、その時に観たチボマットのミュージックビデオの印象が強烈で、頭からこびりついて離れませんでした。

その後、そのMVが収録されたDIRECTORS LABEL ミシェル・ゴンドリー BEST SELECTION [DVD]が発売されまして、当然のことながらわたくしは買いまして、色んな人にも薦めまくりました。

なのでわたくしの中ではミシェル・ゴンドリーは映画監督というよりも、ミュージックビデオの人という印象が強いのですが、そんな彼の頭の中を体験できるイベント等もあるみたいなので、ちょっと時間を作ってみに行きたいと思っております。

荻上直子さんもイベントにいらっしゃるみたいですよー!皆さんもご都合つきましたら、是非。めくるめく世界にはまってしまうと思います。

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki


Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ

「てんてんしましまを探して」第14回・映画「イヴ・サンローラン」

「てんてんしましまを探して」は、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織が興味を持ったヒト・モノ・コトについて、毎週木曜正午に更新していきます。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

こんにちは、水玉とストライプ&ボーダーのバッグデザイナー・望月沙織です。

本日の「てんてんしましまを探して」は、日本公開から間もなく1ヶ月を迎えるイヴ・サンローランの伝記的映画について、です。もう既にご覧になった方も沢山いらっしゃると思いますが、わたくしは観ていて色んなことに心がざわざわしてしまったので、筆をとらせていただきました。

歴史的なデザイナーに嫉妬するなんて馬鹿げているとは思いますが、イヴ・サンローランと自分の間に横たわる大きくて深い溝に、今日は触れてみたいと思います。

イヴ・サンローラン

下のモノクロ写真にうつっているのがイヴ・サンローラン本人。上のカラーがピエール・ニネ演じるイヴ。長年のパートナー・ピエール・ベルジェも「そっくりすぎて混乱した」と評するほどの激似ぶりでびっくりしました。

「イヴ・サンローラン」
あなたは目撃する。
永遠のエレガンス誕生の瞬間を。

ブランドを運営して行くために、重要なことってなんでしょうか。

デザインを考える能力?
縫製技術?

それらは確かに重要ですが、わたくしはそれを遺憾なく発揮するためにはやはりお金が必要ですし、支えれくれるチームも重要だと思っています。

クリスチャン・ディオールに才能を見出され、彼の急死後、21歳という若さでブランドを任されたイヴ・サンローランは、フランス陸軍への入隊を余儀なくされ、そこで精神に破綻をきたし、軍の精神病院に入院させられます。

それがきっかけとなり、彼はディオール社から放り出されてしまうのですが、その時に彼の思いを支えて経済的基盤作りに奔走したのが、ゲイのパートナー、ピエール・ベルジェやディオールのミューズだったモデルのヴィクトワールでした。

才能に溢れていて静かな情熱を心に秘めているけれど、少年のように繊細でとても危うい雰囲気を醸し出すイヴは(というか実際に当時はとても若かったですし)、おそらく誰もが思わず手を差し伸べたくなる存在だったのではないでしょうか。

わたくしは、そもそもが甘え下手ということもありますが、どこか自分のことを過信していて、なかなか物事を自分の手から離すことができません。

1人で行き詰まっている、誰かに手伝ってほしいと言いつつも、心のどこかで「自分のやり方が1番!」と思っているふしがあり、他人に手を出されるとついつい「自分ならもっとうまくやるのに」と感じてしまいます。

そしておそらくその雰囲気は、わたくしの周りに見えない壁となって立ちはだかり、無意識のうちに人の手をはねつけていた部分があったのではないかと思います。

最近になってようやくそんな自分に気がついたわたくしの目には、イヴのまとう「ほっとけない」感は大変うらやましくうつりました。それはもちろん、確固たる才能があってこその話だと思いますが、才能に満ちあふれている人でも、誰からも手伝ってもらえない人もいます。その理由は様々だと思いますが、わたくしはどうせだったら思いを共有できる人の意見には素直に耳を傾けたいですし、そういう人から、「あの人と一緒に仕事をしてみたい!」と思ってもらいたいと思っています。

さてそうするために、わたくしはまず「自分が1番できる」という思い込みから解放されないといけないと思うのですが、40年近くそういう思考回路で生きてきてしまったので、まー、なかなか大変です。自分が1番できると思ってるだけで、実は1番できてる訳じゃないっていうのもタチが悪い。どうにかして、そんな自分から脱出をはかりたいと思っています。

ちなみに、映画全体としては、スッキリきれいで過不足なくイヴの人生を網羅したという印象で、わたくしには少々もの足りませんでした。いやいやデザイナーって、もっともっと苦しんでいるでしょ、って思ってしまって。

確かに、イヴ・サンローラン財団とピエール・ベルジェの全面協力による数々のファッションショーのシーンは圧巻でしたが、ちらりと垣間見えたイヴと母親との葛藤や、生まれ故郷・アルジェリアとフランスとの板挟みに苦しむ姿、宿敵カール・ラガーフェルドとの人間模様など、彼のデザインの根幹にあるぐちゃぐちゃした闇の部分をもう少しみたかったなと思いました。

なお驚くことに、2014年9月末から、本国フランスではイヴに関する映画がもう1本公開されています。

「サンローラン」(原題:Saint Lauren)というそのものズバリの題名なんですが、こちらの映画はいわゆる「非公認」。

何の断りもなく撮ったことにピエール・ベルジェが激怒した、なんてウワサもきかれておりますが、宣伝用の写真を見る限り、ギャスパー・ウリエル演じるこちらのイヴは、人をおちょくるような表情で笑っていて、ぬらりと妖しく、わたくしがのぞんだドロドロをみせてくれるような期待感に満ち溢れていました。

その分、劇中に登場するサンローランのお洋服等は、全て1から自前で作らねばならなかったと思うので、それはそれで大変だったと思いますが、その分ピエール・ベルジェに気を遣うことなく、色んなことを描ききれたのではないでしょうか。

こちらの映画は残念ながら日本公開未定とのこと。うーむ。なんとか観るスベはないかな。フランス語は全く分かりませんが、でもフランス語版でもいいので、なんとかして一度絶対に観てみたいと思いました。

見比べられた暁には、また感想を書いてみたいと思います。

バッグデザイナー・望月沙織/Saori Mochizuki

*******

今日の記事でご紹介した映画の詳細情報はこちら

『イヴ・サンローラン』
角川シネマ有楽町他で全国ロードショー中
監督:ジャリル・レスペール
出演:ピエール・ニネ、ギョーム・ガリエンヌ
2014年/フランス/カラー/シネマスコープ/106分

*******

【ブランドのバッグストーリーが読めるSaori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」
キュレーションサービス「Sumally」
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ

「てんてんしましまを探して」第13回・映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」

「てんてんしましまを探して」は、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織が興味を持ったヒト・モノ・コトについて、毎週木曜正午に更新していきます。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

こんにちは、水玉とストライプ&ボーダーのバッグデザイナー・望月沙織です。

さて、早いもので前回の記事でちょうど3ヶ月を迎えたこの「てんてんしましまを探して」ですが、13回目の今日は、少し趣向を変えて、映画のお話しをしていきたいと思います。本日取り上げる映画は、今週末9月27日(土)から全国ロードショー予定の「記憶探偵と鍵のかかった少女」です。

「記憶は嘘をつく―真実を知りたければ、思い込みを捨てろ。」

意味深なキャッチフレーズがついたこの映画、さてどんなお話しでしょうか。

記憶探偵と鍵のかかった少女

「記憶探偵と鍵のかかった少女」
他人の記憶に潜入する特殊能力を持つ探偵に、ある日舞い込んだ美しい少女の記憶を探る依頼。
彼女の記憶は不穏な謎に満ちていた。
どこからが《嘘》で、どこまでが《真実》なのか――?
記憶のトリックが襲いくる、新時代の本格ミステリー!

思うに、「記憶」には色んな種類がある。

バッグ作りには「経験」という名の記憶の積み重ねが重要になる。

例えば、うちのバッグの裏貼りに使われている芯地は、表生地の素材(綿とかポリエステルとか)によって、貼り合わせ加工ができる・できない、という差が出てくる。また、加工ができないとされている素材の中にも、この質感だったら貼れますよ、というものもある。

そういう記憶を、加工屋さんの経験の中から引き出してお借りする時もあれば、自分が実際に経験して、記憶として積み上げていく時もある。

いずれにしてもその積み上げがないと毎回イチから試行錯誤していかねばならず、非常に効率が悪い。だからこそ経験の引き出しが多い人は重宝がられるし、単に引き出しが多いだけではなく、「この時はあの引き出し」と、状況に応じて引っ張りだす引き出しの場所を見極められるかどうかはかなり重要な能力になってくる。

しかし、そこに妙な思い込みが絡んでくると、話がややこしくなる。

ちなみにうちのバッグは、長年バッグを作ってましたというメーカーの人、買い付けていましたと言うバイヤーの人、色んな方面の人から「こんな手法、思いつきもしなかった」と言われることが多々ある。

具体的には、プリントなど軽くて薄い素材に、ハリのある芯材を使って強度を出す手法のことを指しているのだが、プリント生地もその芯材も、大昔から業界に存在していたものなので、なんら珍しいものではない。でもその芯材はこれまで主に革に使われてきたものなので、経験がある人はその記憶が邪魔モノとなり、プリント生地に使う、という発想が全く出てこなかったらしい。

わたくしは、元々映像制作会社から転じて今のバッグ作りの世界に身を置いている。だから、あまりにもバッグ作りに対する引き出しがなくて、毎回苦労している。しかしこの貼り合わせの件に関しては、むしろ経験に邪魔されなかったからこそ出てきたアイディアだと思うと、経験というものは、本当に諸刃の剣だな、と思う。

それでいうと「思い出」という記憶もあてにならない。

過去のある時間を誰かと一緒に過ごすと、同じ記憶が両者の頭の中には思い出としてインプットされるはずだが、それぞれの感じ方・受け止め方次第で、その記憶はいかようにも変化する。

必死の思いで準備した展示会に、憧れていたお店のバイヤーさんが立ち寄ってくれて、嬉しくなってあとから改めて連絡してみると、全く先方の記憶に残ってない、なんてこともあって、落ち込むこともしばしば(こういう時、どういう顔をしたらいいのかと毎回悩む。たいていは、うへへ、と中途半端な泣き笑い顔を浮かべているような気がする)。

忘れ去られてしまえばなかったも同然なので、こちらとしてはこんな悲しいことはない。そしてそうなってくると、もはや何がリアルで何がそうじゃないのか、どこに拠り所を見いだしたらいいのかわからなくなってくる。

記憶探偵と鍵のかかった少女

映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」の記憶探偵ジョンは、そんな曖昧な人間の記憶に潜入して「真実はなにか」を探り出すのが仕事だ。

でも「真実」は、変幻自在だ。開ける引き出しが異なれば、欲しい記憶は引っ張りだせないし、見事開けられたとしても、からっぽな時(きれいさっぱり忘れ去られてしまっている時)もある。

悪気がなくてもそうなんだから、悪気があったとしたらなおさらだ。

記憶探偵と鍵のかかった少女

色んなトラウマを抱え、ご飯を食べなくなってしまった超絶アタマの良い少女アナの記憶を探るよう命じられたジョンは、調査を進めるうちに、次第にアナの記憶に翻弄されるようになる。

アナは自分の記憶をコントロールすることで、何から自分を守りたいのか。いや、そもそも彼女は記憶を操作しているのだろうか。もしかしたらそれは現実に起きたことではないかもしれないけれど、アナにとってはそう見えていた・感じられていた、ということもある。そしてそれを見たジョンがどう受け止めて、どういう判断を下すかによっても、物事の見え方は大きく変わっていく。

じゃあ一体どこに軸を見いだしたらいいのだろうか。

この映画でわたくしが感じた一番の怖さはそこだった。見方によってはAかもしれないし、Bかもしれない。でも軸を決めないことには、どこにも進めないではないか。

(展示会のことを)記憶にとどめていてもらえなかったかもしれないけど、自分は頑張ったんだという気持ちにすがって、生きていくのか。それとも、覚えていてもらえてなかったという部分を軸に、なにくそ、次回はもっと!と思って生きていくのか。

記憶探偵と鍵のかかった少女

衝撃のラストを迎えた後、記憶探偵ジョンは、その出来事をどう記憶にとどめて、進んでいくのだろう。思い込みを捨てた先に残るものは本当に「真実」なのだろうか。

頼りになるはずの記憶に足下をすくわれた時、冷静でいたいと思うならば、もう一度「自分はこれでいい」と思い込む必要もあるのではないだろうか。

アナの心の闇、彼女の未来。そこから感じる、自分の人生。さて、みなさんはどこに「真実」を見出しますか。

バッグデザイナー・望月沙織/Saori Mochizuki

*******

今日の記事でご紹介した映画の詳細情報はこちら

『記憶探偵と鍵のかかった少女』
2014年9月27日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ホルヘ・ドラド
プロデューサー:ジャウマ・コレット=セラ(『アンノウン』監督)
出演:マーク・ストロング(『裏切りのサーカス』)、タイッサ・ファーミガ(『ブリングリング』)、ブライアン・コックス(『RED/レッド』)
2013年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/1時間39分

*******

【ブランドのバッグストーリーが読めるSaori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」
キュレーションサービス「Sumally」
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ