海外からの外国人観光客にぴったり・東京で手軽に体験できる日本文化(着物着付け&茶道)

着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座
こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

 
香港人ジュエリーデザイナーの友人Coney(コニー)が、ジュエリーの材料調達も兼ねて東京にやってきました。

 
Coneyについて
http://saorimochizuki.info/news/2015/03/05/12/00/50

 
そもそもの目的は、彼女が作っているヘアアクセサリーのために、ちょうどこのシーズンに開催される世田谷ボロ市でヴィンテージの着物や帯を探す、というものだったのですが、どうせ来るならいろんなことを詰め込んじゃおう!ということで、あれやこれやスケジュールをパンパンにして動き回っていました。

 
わたくしがたまに香港で着物を着ているのを見て、「わたしも着てみたい!」とのことだったので、ぜひに、と思ったんですが、わたくしには人に着付けてあげられるスキルがない。

 
だったらどこかにお願いするか、と思ってあれこれ調べていたら、びっくりするくらいリーズナブルなサービスを見つけて驚きました。

 
着物レンタル バサラ
https://vasara-h.co.jp

 
着物一式・着付け・簡単なヘアアレンジがついて、なんと¥2,900+税〜。着物を着付けてもらった後は、基本的に店舗への返却時間までずっと着ていることができます。その間、脱いだ洋服などは預かっておいてもらえます。

 
当初わたくしは自分の着物を美容室などに持ち込んで、コニーの着付けだけをやってもらおうと思っていたのですが、この金額だと、丸ごとここに頼った方が手っ取り早いし楽なので、このお店にお願いすることに決めました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
当然(?)着物は正絹ではなく、ポリエステルの、言ってしまえば値段なりのもので、帯も半幅ですが、着付けはきちんと綺麗にやってもらえましたし、169cmのわたくしが着ても十分な裄丈・袖丈の着物があったので、この値段だったら文句のつけようがないなと改めてびっくりしました(わたくしたちは最低限プランの¥2,900+税のランクの着物を選びましたが、オプション料金を支払えば、着物や帯のグレードを上げることができます)。

 
更に支店によっては、提携先の茶道教室でお茶の体験レッスンも受けられるとのことだったので、それにも挑戦してみることにしました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
伺ったのは、東銀座の歌舞伎座の真隣に立つビルの1室にある「茶禅」さん。

 

 
なんと碾茶(てんちゃ=すり潰す前の、抹茶の原料茶葉)を石臼でひくところから体験させてもらえます。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
銀座の晴海通りが一望できるベランダにつくばいもありました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
わたくし達の着物の柄を意識して選んでくれたのかな、と思ってしまうほどに、カラーが着物にマッチしたとても可愛らしいお菓子も出してくださいました(もちろんお味もおいしかった!)。

 
お菓子の後は、本日のメインイベント、お茶!

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
お茶碗のあしらい方や愛で方を教えてもらいました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
茶筅も触らせてもらえました。

 
コニーは日本語を勉強しているので、説明は日本語でしてもらいましたが、希望すれば英語や中国語(北京語、かな)で教えてもらうこともできるようです。

 
先生の所作はとても美しく、茶道初体験だったわたくしはおもわず感動して泣きそうになりました。

 
雰囲気もとても気さくで気軽にいろんなことを体験させてもらえたのでホッとしました。

 
お茶ってものすごく厳しいしきたりがあって、それが着物や茶道文化を日本人からすらも遠ざけているようなイメージがあったので、こうやってハードル低く触れさせてもらえるのはとてもいいことだなと思いました。

 
そして、わたくし自身は普段あんまりこういう部分にニーズがないので、改めて調べてみて、今はこんなことになっているのか!ととてもびっくりしました。

 
もともと着付けレッスン会などはうちの店でも開催していましたが、日本人でも十分楽しめるこういうサービスがあるとするならば、着付けレッスンのあり方もまたちょっと違ってくるよな、なんて思ったり、いろんなことを考えました。

 
もちろん本格的な着物を着ること、本格的な着付けをしてもらうこと、また、着付けそのものを習うこと、と、今回のようなサービスは、そもそもよって立つところが違うので、同じライン上で語るのはちょっと違うのかもしれませんが、自分が携わっている部分を違うアングルで眺めるちょうどいい機会になりました。

 
ちなみに余談ですが、うちの撮影部長は、以前茶禅のプロモーションビデオを撮影させてもらったことがあったようです。

 
名前を聞いて「えっ?茶禅に行くの?」とびっくりしてましたが、世間て、狭いですね。

 

バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

 
最新情報はInstagramで更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 

 
中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 

Saori Mochizukiの水玉バッグ

Saori Mochizukiの水玉バッグ

*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆

Saori Mochizuki Web Shop 
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます 
Google+「Saori Mochizuki」ページ 
にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村 ファッションブログへ

香港のジュエリーデザイナー・Coneyが中目黒にやってきました!

Saori Mochizuki 香港 Hong Kong Coney Co香港人のジュエリーデザイナー・コニーと、コニーのボーイフレンドでカメラマンの梅さんに囲まれてご満悦のお子。はるばるありがたいことです。ちなみに梅さんは、香港の人ですが、本当に苗字が梅さんです。もちろん読み方は「ウメ」ではありませんが、同じ漢字の文化を持つもの同士、共通の話題が色々あって楽しいです。

 

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Colorオーナーの望月沙織です。

わたくしが香港に行こうと思っていた矢先に、なんとまあ、香港から先にお客様がやってきました!

うちの店でも販売させてもらっているジュエリーブランド「Coney&Co.」のデザイナー・コニーです。

今、新宿伊勢丹で開催されているイベントに出品しているとのことで、そのタイミングにあわせてボーイフレンドの梅さんと来日したのです。

コニーとは今まで香港でいろんな話をしましたが、

通じあう瞬間
http://saorimochizuki.info/news/2015/03/05/12/00/50

わたくしのお子を見て、

「本当によかったね。この子は神様の贈り物だと思う。元気でいますように、っていつも祈ってるんだよ」

と言ってくれて、なんだかジーンとしてしまいました。

彼女とは母語が違うし、なにより香港-日本と距離が離れていますが、同じ国の中にいても、距離が遠い人はたくさんいるので、物理的な距離って本当に関係ないし、そうやって繋がっていたいと思う人と簡単につながることのできる現代のネット文化に心の底から感謝しました。

生後8ヶ月だけどもうすでに保育園に通っているということにびっくりしていて、

「そんなに幼いうちから大丈夫なの??自分のそばに置いて仕事をすることは難しいの?」

と、単刀直入にいろんなツッコミを入れてくるコニー。

それを受けて、そうなんだよね、そうなのよ、言わんとしていること、とてもよくわかります、でもね、といろんなことをコニーに説明しながら、改めて自分の気持ちや考えを振り返りました。

「お店もね、浮き沈みが激しくて大変よ〜」と、言ってる言葉とは裏腹に楽しそうに語るコニーの姿を見て、わたくしなんて、実感として、浮いた試しがないよ!と思ってしまいましたが(笑)、彼女の姿を見ていると、まだまだわたくしにはやり足りていないことが一杯あると気持ちが引き締まります。

「ま、どうせ半月後に会うもんね」

と、別れ際はあっさりと解散しましたが、次、香港で会う時までに、1mmでもいいから成長していられるよう、今日からまたちょっとずつ頑張ろうと思いました。

出張準備、頑張ります。

バッグブランド「Saori Mochizuki」デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー 望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグ Saori Mochizukiの水玉バッグ ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます
Google+「Saori Mochizuki」ページ
 にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

通じ合う瞬間【香港・ジュエリーブランド「Coney&Co.(コニーアンドコー)」】

水玉バッグ Saori Mochizuki
香港のセントラルPMQの中にあるコニーのお店にて。左からコニー、わたくし、香港在住の友人Mさん)

こんにちは、バッグブランド「Saori Mochizuki」のデザイナー&セレクトショップ「Accent Color」のオーナー・望月沙織です。

ついに先週の日曜から、中目黒で実店舗が開店!

まだ様々なオペレーションが日常化されておらず、毎日システムをくみ上げるのにワタワタしております。

そんなさなかではありますが、少しずつ、お店のことを紹介してみようと思います。

今日は、うちのお店でのお取り扱いが日本初上陸となる、香港のジュエリーブランド「Coney & Co.」についてのお話しです。

ごくたまに、ですが、時々わたくしは、初めてなのに初めて会った気がしない人に巡り会うときがあります。Coney & Co.の香港人デザイナーConey(コニー)は、そんな人の1人でした。

彼女とは、2014年7月にわたくしが初めて香港の展示会に出展した時に出会いました。

水玉バッグ Saori Mochizuki
(デザイナーのコニー)

彼女が生み出すハイセンスなジュエリーとは不釣り合いなくらい、ガハハと陽気に笑うコニーの姿は、どことなく自分と似ている気がして、わたくし達はその日を境にあっという間に仲良くなりました。

ほぼ同世代で、1人で自分の名前を付けたブランドを立ち上げて…と、やっていることも似ているからでしょうか、お互いに母語ではない英語を挟んでの会話にも関わらず、わたくしは彼女の言わんとすること、目指したいもの、抱えているジレンマがよくわかり、あぁ、わたくしは決して1人ではないんだな、と思った記憶があります。

彼女のことが大好きな彼氏もいるけれど、「私は自由でいたい。だから結婚も子供もいらない」という彼女の様子を見ていると、もしかしたら香港は、日本以上に女性が色んなことを両立させるのが難しい社会なのかな、なんて思ったりもして、そこから更にまた様々なことを考えてしまうのですが、それでも「これが私の生きる道!」と、パワフルに、自分の進路を切り開きながら人生をまっとうしようとしているコニーの姿は、チャーミングで思わず応援したくなる何かがあります。

水玉バッグ Saori Mochizuki
(とても美しいコニーのお店。香港に行ってこの様子を見る度に、わたくしは自分の整理整頓能力のなさを呪います…)

そんな彼女が紡ぎだす美しいハンドメイドのジュエリーは、見ているだけで頭の中にわ〜っと物語が広がってくるような、不思議な奥行きがあります。

まだまだもっと、彼女のジュエリーについては語りたいこと、デザイナーとして「うわ〜っ!やられたっ!」と思うような絶妙なポイントが山のようにありますが、それはまたお店に遊びにきてくれた方に、ちょっとずつお話しできればな、と思っています。

ぜひ中目黒に、コニーの世界を体感しにいらして下さい。ちょっと興奮して口やかましい望月が、手ぐすね引いてお待ちしております…。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Colorオーナー
望月沙織