海外からの外国人観光客にぴったり・東京で手軽に体験できる日本文化(着物着付け&茶道)

着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座
こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

 
香港人ジュエリーデザイナーの友人Coney(コニー)が、ジュエリーの材料調達も兼ねて東京にやってきました。

 
Coneyについて
http://saorimochizuki.info/news/2015/03/05/12/00/50

 
そもそもの目的は、彼女が作っているヘアアクセサリーのために、ちょうどこのシーズンに開催される世田谷ボロ市でヴィンテージの着物や帯を探す、というものだったのですが、どうせ来るならいろんなことを詰め込んじゃおう!ということで、あれやこれやスケジュールをパンパンにして動き回っていました。

 
わたくしがたまに香港で着物を着ているのを見て、「わたしも着てみたい!」とのことだったので、ぜひに、と思ったんですが、わたくしには人に着付けてあげられるスキルがない。

 
だったらどこかにお願いするか、と思ってあれこれ調べていたら、びっくりするくらいリーズナブルなサービスを見つけて驚きました。

 
着物レンタル バサラ
https://vasara-h.co.jp

 
着物一式・着付け・簡単なヘアアレンジがついて、なんと¥2,900+税〜。着物を着付けてもらった後は、基本的に店舗への返却時間までずっと着ていることができます。その間、脱いだ洋服などは預かっておいてもらえます。

 
当初わたくしは自分の着物を美容室などに持ち込んで、コニーの着付けだけをやってもらおうと思っていたのですが、この金額だと、丸ごとここに頼った方が手っ取り早いし楽なので、このお店にお願いすることに決めました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
当然(?)着物は正絹ではなく、ポリエステルの、言ってしまえば値段なりのもので、帯も半幅ですが、着付けはきちんと綺麗にやってもらえましたし、169cmのわたくしが着ても十分な裄丈・袖丈の着物があったので、この値段だったら文句のつけようがないなと改めてびっくりしました(わたくしたちは最低限プランの¥2,900+税のランクの着物を選びましたが、オプション料金を支払えば、着物や帯のグレードを上げることができます)。

 
更に支店によっては、提携先の茶道教室でお茶の体験レッスンも受けられるとのことだったので、それにも挑戦してみることにしました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
伺ったのは、東銀座の歌舞伎座の真隣に立つビルの1室にある「茶禅」さん。

 

 
なんと碾茶(てんちゃ=すり潰す前の、抹茶の原料茶葉)を石臼でひくところから体験させてもらえます。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
銀座の晴海通りが一望できるベランダにつくばいもありました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
わたくし達の着物の柄を意識して選んでくれたのかな、と思ってしまうほどに、カラーが着物にマッチしたとても可愛らしいお菓子も出してくださいました(もちろんお味もおいしかった!)。

 
お菓子の後は、本日のメインイベント、お茶!

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
お茶碗のあしらい方や愛で方を教えてもらいました。

 
着物 着付け 茶道 体験レッスン 銀座

 
茶筅も触らせてもらえました。

 
コニーは日本語を勉強しているので、説明は日本語でしてもらいましたが、希望すれば英語や中国語(北京語、かな)で教えてもらうこともできるようです。

 
先生の所作はとても美しく、茶道初体験だったわたくしはおもわず感動して泣きそうになりました。

 
雰囲気もとても気さくで気軽にいろんなことを体験させてもらえたのでホッとしました。

 
お茶ってものすごく厳しいしきたりがあって、それが着物や茶道文化を日本人からすらも遠ざけているようなイメージがあったので、こうやってハードル低く触れさせてもらえるのはとてもいいことだなと思いました。

 
そして、わたくし自身は普段あんまりこういう部分にニーズがないので、改めて調べてみて、今はこんなことになっているのか!ととてもびっくりしました。

 
もともと着付けレッスン会などはうちの店でも開催していましたが、日本人でも十分楽しめるこういうサービスがあるとするならば、着付けレッスンのあり方もまたちょっと違ってくるよな、なんて思ったり、いろんなことを考えました。

 
もちろん本格的な着物を着ること、本格的な着付けをしてもらうこと、また、着付けそのものを習うこと、と、今回のようなサービスは、そもそもよって立つところが違うので、同じライン上で語るのはちょっと違うのかもしれませんが、自分が携わっている部分を違うアングルで眺めるちょうどいい機会になりました。

 
ちなみに余談ですが、うちの撮影部長は、以前茶禅のプロモーションビデオを撮影させてもらったことがあったようです。

 
名前を聞いて「えっ?茶禅に行くの?」とびっくりしてましたが、世間て、狭いですね。

 

バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

 
最新情報はInstagramで更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 

 
中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 

Saori Mochizukiの水玉バッグ

Saori Mochizukiの水玉バッグ

*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆

Saori Mochizuki Web Shop 
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます 
Google+「Saori Mochizuki」ページ 
にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村 ファッションブログへ