だめ経営者と福袋

Saori Mochizuki サオリモチヅキ 望月沙織 水玉 バッグ ストライプ ボーダー リボン ドット

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー&水玉研究家の望月沙織です。

わたくしは欲しいものは欲しい時に定価でも買ってしまうたちで、いらないものはタダであげると言われてもいりません、と思うので、福袋とかにはまったく興味がありません。

それなのに、こと、仕事になると、どうもだめなんです。

まとめて買った方が得になる、と思って、ついつい生地とか、大量に買っちゃうんですよね。言ってみれば、お徳用パックに引かれて大量に買いすぎて冷蔵庫の中で腐らせてしまうダメ主婦みたいな感じです。

食べ物は腐ってくれるからまだ良いですが、生地は腐らない…。しかも全て「資産」と見なされてしまうので、経営的には本当によろしくないのです。

かといって、プライベートの買い物のように、「欲しいものは欲しい時に定価で」という訳にも行かないのが、この仕事の難しい所でもあります。

来年はその辺りのバランスを取ることがわたくしの目標です。うーーん、今からどうやっていこうか、頭を抱えています。。。

PS:そんなわたくしがちょっと心がぐらついたのが、本日の写真の福袋でした。うわーん。これほしいよー。

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki


Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ

「てんてんしましまを探して」第24回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」どうせ私は居残りですよの巻

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

「てんてんしましまを探して」第24回・2014年12月髙島屋大阪店 Saori Mochizuki 期間限定ショップ サイドストーリー vol.3「仕事はツラいよ」どうせ私は居残りですよの巻

前回までのストーリーはこちら:【第1回】【第2回】【第3回】【高島屋 大阪店 期間限定ショップ

水玉バッグ 水玉バック

新人アシスタント・タナカ(以下、タ)こんにちは!はじめまして!大阪在住、焼き鳥とボルドー色が好きなタナカです。縁あって今回、高島屋大阪店 Saori Mochizuki期間限定セレクトショップの接客担当を仰せつかりました。百貨店勤務は初めてなのでとても緊張しますが頑張ります!

デザイナー・モチヅキ(以下モ):よろしくー。どうもありがとう!ではまず搬入の説明をするよ。ちなみにこの時期の百貨店バックヤードは物流が増えて台車も一杯、人も一杯で殺気立っているから、くれぐれも怪我をしないよう気をつけてね!

タ:わかりました!それにしてもすごいですねー。迷路みたいです。

水玉バッグ 水玉バック

モ:そうなのよ。百貨店は一歩裏に入ると、もう何がなんだか。一説によれば、ドロボーが盗みに入っても簡単には歩き回れないよう、わざと複雑にしている、なんて話もあるんだけど、たいていは建物の増床とかで切り貼りしているうちに訳がわからなくなったパターンだと思うわ。

タ:ざ、在庫を取りに行く時、たどり着けるか心配です。。。

モ:そうなのよ。だからまずイベントの時に重要なのは、商品を納品する梱包段ボールの4面に、期間、イベント名、フロア名、ブランド名を明記する事なの。

水玉バッグ 水玉バック

タ:なるほど。こうしておけば台車にのっていてもパッと探しやすいですね。

モ:それだけじゃなく、万が一店内で行方不明になったり、盗難にあったりしても見つけてもらいやすいでしょ。

タ:(ふむふむ)

モ:ちなみに今回はお店が閉店後の作業になるので、時間勝負で行きますよー!

タ:時間勝負??

モ:そう、時間勝負。まずは、今日までイベントをしていたチームがお片づけをするまでうちは飾り付けができないでしょ。だからといってのんびりそれを待っていると、あっという間に終電の時間になっちゃって、帰れなくなっちゃうよ!

タ:きゃー、そ、それは困ります。。。

モ:だからまずは前のチームが終わるまでの間に、段ボールを開けて中身に不備がないかざっとチェックして、店頭に飾り付ける分をどんどん袋から出してスタンバイしておいてね。

タ:はっはい!わかりました!でも、、、どれから開けたらいいんですか??

モ:そのために、ほらこれ、「店頭先出用」って書いてあるの。これを開ければ、まずはざっと店頭が飾れる分が入っているはずよ。

タ:なるほど!わかりやすい!

モ:じゃあ検品してちょうだい!

タ:かしこまりました!

水玉バッグ 水玉バック

モ:そうこうしてたら、ほら、前のチームが終わったわよ!

タ:わーーっ!急いで並べねば!

モ:こらちょっと待ちなさい。いきなり手当たり次第に並べれば良いってもんでもないのよ。まずは、棚の幅やお客さんの動線を考えて、今回イチオシの商品をどこに置くか決めるの。それが今回のイベントの顔ですからね!で、それを決めたら、あとはそれを中心にバランスをみて配置していくから。

タ:かしこまりました!ではまず動線ですね...

モ:そうそう...

<2時間後>

モ:うぅ・・・。イベントやるのが久しぶりすぎて、カンが鈍ってる。お、終わらない...。

いや、とりあえずもうどんどん並べちゃうわよ!

タ:えーー。そんなんでいいんですか????

モ:だってこれが本当に良いディスプレイかどうかは、明日イベントが始まってみないとわからないじゃない。もしかしたらお客さんの手に取りにくい場所があるかもしれないし、思っていた所とは違う所が目立つかもしれないし、とにかく毎日お客さんの反応を見て、アレンジを変えて行かないとダメなのよ。だから今ここでつべこべ悩んでいても仕方ないわ。

タ:なるほどー。わかりました!それではまた明日!

モ:えっ?

タ:えっ??・・・いや、私、終電車がありますし。

モ:そ、そ、そ、そ、そうだよね。わたくしは、ここから歩いてすぐのウィークリーマンションだから、、、

タ:では、お疲れさまでしたー。

モ:あっ、明日の朝、研修(*)に遅れないでねーーー!!

タ:はーーーーぃ…!!

モ:う。うぅぅぅ。わたくしももう何もかも投げ出して、帰りたい、、、。でもそしたらこのこんがらかった棚の上、誰がやるんだ…

(涙)。くーーっ。どーせわたくしの人生、居残りですよっ。(涙)
【 完 】
アシスタント・イフク:・・・って、言ってるけど、本当の居残りは私ですからねっ。私は東京でお留守番なのに。2人とも大阪で盛り上がっちゃって。むーーーーー。もう福岡へ帰っちゃいますからねっ!...って誰もいないから言っても張り合いがない~~~(涙)。
【 本当の 完 】
その後、ディスプレイはめでたく完成しました!ぜひどんなことになっているか、見に来てくださいね。

水玉バッグ 水玉バック

*研修:たいていの百貨店は、店頭接客に立つ外部スタッフに向けて、研修制度を設けています。これを受けないと基本的には販売には立てません。研修では非常口の場所、開催中のイベントについて、カードの種類、ポイント制度等々、、、お客さんにご案内すべきあれこれのレクチャーを受けます。毎回覚えることが一杯で大変です。。。

「クリスマス ガールズ マーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ12月10日(水)~25日(木) 高島屋大阪店 1階中央イベントスペース

場所・営業時間詳細は、島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。

【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)

てんてんしましま宣教師

Saori Mochizuki サオリモチヅキ 望月沙織 水玉 バッグ ストライプ ボーダー リボン ドット

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー&水玉研究家の望月沙織です。

いよいよ明日から大阪です。

今回は長丁場なのでウィークリーマンションを手配しましたが、タオルやシャンプーなどは全て持って行かねばならないので(そして洗濯は自分…)、荷造りベタのわたくしにとっては、「一体どっちがお得なんだ??」って感じです。。。

でも背に腹はかえられましぇん。

遊びで行く訳じゃないので、経費はぎゅっと圧縮したい所です。

とはいえ費用対効果も大事。

あれこれ考えていると頭が痛くなってきますが、しょーがないです。これもてんてんしましま普及活動のためです。

という訳で、大阪のみなさま!是非遊びにいらしてくださいね。

それと平行して、北九州でもイベント開催予定です!

てんてんしましま広げて待ってます!

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki

2014年12月10日(水)〜25日(木)
「クリスマス ガールズマーケット」Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ
@ 髙島屋大阪店 1階中央イベントスペース

デザイナー・望月沙織が選んだファッションのアクセントになるブランドのセレクトショップ。場所・営業時間詳細は、髙島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。

2014年12月10日(水)~23日(火)
福岡県北九州市小倉区
コレット井筒屋 1F

営業時間などはコレットの公式サイトでご確認くださいませ。

【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)


Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ

starmix  in「Saori Mochizuki期間限定セレクトショップ @2014年12月10〜25日:髙島屋大阪店1F中央イベントスペース」

starmix

starmix 「brooch」¥10,800-

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー&水玉研究家の望月沙織です。

本日は12月の髙島屋大阪店のSaori Mochizuki期間限定セレクトショップにご参加くださるブランドさん紹介、その1です。

starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)

starmixさんとは、昨年日本橋タカシマヤさんで一緒にイベントをやらせていただいたりと、何かとご縁の深いつながりがあります。

カラフルなリボンを使った、POPで印象的なアクセサリーがお得意のブランドさんです。

今回もあれこれお願いして12月のこのイベントのためだけに、スペシャルなアイテムを色々ご用意くださっております(最初の打合せの時に大いに盛り上がったうちのブランドとのコラボグッズは、実際に試作を出してみると、なんだかトホホな仕上りになってしまったので、思い切ってお蔵入りにして、今後の種とすることにしました)。

スペシャルグッズのご紹介はまた追ってじっくりやりますよー!是非楽しみにしていていただけたらと思います。

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki

「クリスマス ガールズマーケット」
Saori Mochizuki 期間限定セレクトショップ

デザイナー・望月沙織が選んだファッションのアクセントになるブランドのセレクトショップ。
12月10日(水)〜25日(木) 髙島屋大阪店 1階中央イベントスペース
場所・営業時間詳細は、髙島屋大阪店の公式サイトでご確認ください。

【参加ブランド】(順不同)
Saori Mochizuki(バッグ・服飾雑貨)
starmix(ブローチ・帽子・ヘアアクセサリー)
fast couture(帽子)
japatic(バッグチャーム・ブローチ)
TOIRO-FIRANDO(マフラー・ヘアアクセサリー)


Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ にほんブログ村 デザインブログへ

全ての道は平戸に通ず/「てんてんしましまを探して」第12回・福岡/「TOIRO-FIRANDO(トイロ-フィランド)」代表・小値賀友理さん

「てんてんしましまを探して」は、毎週木曜正午更新
てんてん(水玉)しましま(ボーダー&ストライプ)のかわいいアイテム、そこに携わる人々の思いをバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー・望月沙織がつづります。企画詳細についてはこちらをご覧ください。

TOIRO-FIRANDO

こんにちは、水玉とストライプ&ボーダーのバッグデザイナー・望月沙織です。

さて、しばらく続きました「てんてんしましまを探して」の福岡シリーズも今日でおしまいです。トリは、うちがいつもお世話になっているTOIRO-FIRANDO(トイロ-フィランド)さんでしめさせていただこうと思います。

TOIROさん(とわたくしはいつも略して呼んでいます)と知り合ったのは1年前。まだ1年しか経ってないの?!と自分でもびっくりですが、元々は同じ時期に同じ百貨店の少し離れた場所でそれぞれ催事をやっていたのがご縁の始まりでした。

うちはその日最終日だったので、わたくしは搬出に備えてバッグヤードであれこれ準備をしていたら、スタッフの1人が「モチヅキさん!モチヅキさん!とっても素敵な人達が買い物に来てくれましたよ!あっちの方で催事をやっているブランドの人達みたいだから、早く行ってみてください」と息を弾ませて呼びにきてくれました。

その時店頭にいたのが、TOIROの代表・小値賀(おじか)友理さんと、販売担当の高木逸美さんでした。

その場で色々お話しをして、すっかり意気投合。翌日には東京に残っていた高木さんと、ニコタマでご飯を食べておりました(笑)。

何がそんなに自分に響いたのか、今振り返ってみてもなかなかうまく言葉にすることができません。

でも、見事なチームワークで動いていること、ただふんわりと「ブランドやってます〜」なんて甘ったれたことではなく、ものすごくシビアに、何をやったらビジネスとして成立するのか考えている姿に共感して、自分よりもずっと若いのに、この人達はすごいな、と思った記憶があります。

そこからTOIROさん達もうちのバッグを気に入ってくださり、福岡の催事でTOIROさんの商品と一緒に、うちのバッグもたくさん販売してくださるようになりました。

これまで福岡はおろか、九州に全くゆかりのなかったわたくしに新たなチャンスをもたらしてくれたのです。

そんなTOIROさんについて、代表小値賀さんに色々伺ってみました。なんだかいまさら改めて色々伺うのは気恥ずかしかったですが、まだ知らないこともたくさんありました。

TOIRO-FIRANDO

まず、TOIROさんのコンセプト(※)ですが、長崎県・平戸(小値賀さんの出身地)になみなみならぬ思いがみなぎっています。今まで色んなデザイナーさんに出会ってきましたが、自分の地元をブランドの核にしている人には初めて出会いました。その思いがどこから来るのか興味があります。

(※)「Made in FIRANDO(長崎県平戸市)から産み出す異文化交流で培ったオリエンタルなカラーと スタイル、そして様々な異なる素材をミックスし既成概念にとらわれないファッションの“新しいカタチ”を提案し、様々な人の持つ個性を引き出すブランドとして平戸から世界に発信しつづけます」【TOIRO-FIRANDO公式サイトより】

<小値賀友理さん(以下<小>)>
もともと平戸の役に立つことがしたかったんです。

最初は小学校の先生をやっていたんですが、平戸でお店を出したくて、教員をやめて、福岡のファッションビジネスの学校に行きました。そこでスタイリストとファッションビジネスの勉強をして、3人くらいのスタイリストのアシスタントをやっていました。

その後スタイリストとして独立したけれど、実は、ファッションよりもブライダルの仕事をして、夫婦になる方々の応援をしようとしてたんですよ。家族やその周囲の在り方に触れれば、(そこから生まれてくる)子供達も変わり、私は何の役に立てるのだろう、、、という謎が解けると思ってました。

人の役に立つ仕事をやりたいけど、どうにもならない迷走期があったと言います。いろんな事を考えていて、でもブライダルだけでは上手く進まず、スタイリスト・ブライダル・アクセサリーを並行してやっていたそう。そんな中、アクセサリーの仕事が進み始め、これだ!と思い、平戸の人達も手伝うことに賛同してくれたのが、TOIROへつながるそもそもの始まりだといいます。

TOIRO-FIRANDO

Sonianka(ソニアンカ)税込¥9,180-
TOIROさんの一風変わった商品名は、TOIRO特製“平戸ジェネレーター”によるもの。小値賀さんが平戸の好きなものを書き出して一覧表にして、その中からシーズンごとに一定の法則を決めて、文字を拾いだして付けています。だから商品名になっている言葉そのものには意味がないそう。これもユニークな発想です。

<小>
平戸は日本の中でも最低賃金が低い、自営ばかりの地域です。人は一杯いるのに、仕事がない。仕事をしたいけどできないでいる主婦も沢山いるので、これ(アクセサリー)をなんとか彼らの仕事にできないかと思いました。

父親が地元で工場をやっていてその建物に2部屋空きがあったので、場所はある。そして作ってくれる人もいるけれど、(平戸で完結していては)販路を広げられないと思いました。

そこで、平戸で作ったものを福岡で小値賀さんが売る、という体制を築くことになります。

ちなみに現在は、わたくしがお会いしたことのある福岡スタッフだけでも4人(小値賀さん、高木さん、安武さん、加藤さん)いらっしゃいます。平戸のメンバーもあわせると、もっと大所帯です。このメンバーはどうやって集まってきたのですか?まとめることの難しさはありませんか?

<小>
ほとんどが知人の紹介です。みんな自立してやってくれているので、大変さはありません。

ここがわたくしの思う、小値賀さんのすごい所。とにかく彼女は顔が広い。わたくしが初めて福岡に伺った時、一緒に天神の街を歩いてびっくりしたのですが、「おじかちゃーん」と次々に声がかかって、まっすぐ歩いていられない感じなんです。

そして人懐こいキャラクターは、どこか思わず手を差し伸べたくなる雰囲気がありますが、こちらが思っている以上に色んなことに気を遣ってくれていて、イザと言う時はきっちり責任がとれる度量の深さも持ち合わせています。「東京から来たモチヅキさんだよー」と、分け隔てなく色んな人にも紹介してくれました。

そんな彼女だから、周りの皆は自然と手を貸したくなるのでしょうし、頼っても大丈夫だという安心感も出るのでしょう。

ちなみにスタッフの役割分担はどんな感じなんですか?

<小>
打合せは全部私がやってます。基本的に販売に立つのが私といっちゃん(高木さん)で、この2人が比較的できることが似ているかな。安武さんは(グラフィック)デザインがメインで、アクセサリーは皆で作っています。

アクセサリーを作る時に、意見が割れたりぶつかったりしないんですか?

<小>
私、自分が作ったものよりも人がデザインしたものの方が良いって思うんですよ。自分じゃこんなの考えられない、すごい!って思うので。

平戸のスタッフは、強度の心配をして意見を言ってきてくれます。この結び方だと肌を痛めるんじゃないか?!とか。

なるほど。

では、小値賀さん自身が一番好きな仕事って何ですか?

<小>
なんだろう…。その時によってコロコロ変わるんですよ(笑)。作っていて、思いあまると人に会いに行くし、販売の仕事も好きだけど、うーん…。

誰か私のかわりに経営してくれないかな、とも思いますよ(モチヅキ思わず爆笑。いや、わたくしも時々同じことを思うので)。もう全部、何かあったらとにかく私が謝るからさ、って(笑)。でもいいな、って思う人はみんな既に自分で何かをやっているんですよね。

分かります。うちだって、小値賀さんみたいな人を経営のポジションに欲しいけど、小値賀さんはもう自分ではじめてる。

TOIRO-FIRANDO

ところで最近は、例えばうち(Saori Mochizuki)のバッグも一緒に売場で展開してくれたりと、TOIROさんの催事に、他ブランドを組み込む活動が続いていますが、それは自然とそういう体制になったのですか?

<小>
将来は平戸で店をやりたいと思っているんです。アクセサリーだけじゃなくてお洋服や、平戸の物産品も扱うお店を。

だから人の商品も扱えるようになっておいた方がいいと思って、今は意図的にそういう活動をしています。(入るブランドの数が多ければ)相乗効果で良い売場にも入れますので。

全ては、大好きな平戸のために。

「平戸でやれば、しょっちゅう帰る口実ができていいかな、と思って(笑)」と笑う小値賀さんですが、その感覚はとてもうらやましいです(わたくしは、まぁ自業自得なんですが、なんの感慨もなくぼーっと東京郊外で育ってしまったので…)。

そして平戸から受けた一杯の愛情を、どうやったら返していけるのか、一緒に頑張ってくれる仲間と形にしていこうとしている姿もうらやましいです。

というか、既に平戸だけではなく、わたくしを含めた色んなブランドさんにその愛情は及んでいます。

そうすると、わたくしもなにかやらねば、って気持ちになるんですよね。

そんなところもTOIROさんの素敵な所だと思います。

いつかぜひ平戸にお邪魔したいと思っています。もちろんまた、福岡にも。

わたくしも東京で精一杯色々やっていきたいと思っております。これからもどうぞよろしくお願い致します。

バッグデザイナー・望月沙織/Saori Mochizuki

(一部敬称略でご紹介させていただいている場合がございます。ご了承ください)
(掲載されている商品詳細は、直接お店にお問合せ下さい)

*******

今日の記事でご紹介したお店・ブランド・商品・人物の情報はこちら

「TOIRO-FIRANDO」
「TOIRO-FIRANDO」の商品はこちらのオンラインショップでもご購入いただけます

*******

【ブランドのバッグストーリーが読めるSaori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」
キュレーションサービス「Sumally」
Google+「Saori Mochizuki」ページ