まずは、今ある日常を全うすること【映画「この世界の片隅に」】

この世界の片隅に

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

話題の映画「この世界の片隅に」を観てきました。

なんでもない日常にも、ドラマチックなことは潜んでいる、

をモットーにバッグ作りしていたつもりでしたが、知らず知らずのうちに単なるドラマチックを追い求めてしまっていたな、ということに気づかされた映画でした。

主人公のすずさんは、あるがままの日常を受け入れ、自分の短所に開き直ることもなく、かといって卑下することもなく、思ったことはきちんと表現しながら生きています。

 

誰だかよくわからない相手にお嫁に出されても、戦争中で、息がつまるような生活を強いられても、何かを恨むこともなく、その与えられた状況に全力でぶつかっていっています。

なんでそんなに素直なのか、それは、今みたいにグーグル先生もおらず、簡単に自分とそれ以外の存在を比べることができない時代だったから、今自分が置かれている価値観を疑わないでも生きていられたということなのかもしれません。

実際すずさんは、後半、日本が戦争に負け、信じていた世界・生活が崩れ去った時、激しく動揺します。ボーッとしたままの自分で死にたかったと、猛烈にショックを受けるのです。

なんとなく、今のわたくしって、そんな状況にあるな、と思いました。

いや、すずさんの体験に比べたら、わたくしの置かれている環境は生ぬるくて笑っちゃうほどのものですが、SNSが発達して他人の日常が次々に見れてしまい、さらには海外にもぽんと簡単に行けるようになってしまった今、求めれば求めるだけ高みは存在し、それが時に自分を苦しめることがあります。

井の中の蛙が幸せかといったら、それはなんとも言えませんが、でも目の前の井戸の広さを思う存分満喫する前に、大海にばかり思いをはせるのは、それはそれで不幸だな、と思うのです。

大海に出て行くにしても、まずは今、自分が与えられた環境を、すずさんが必死に生きたように、生きてみること。

その上で、大海に踏み出してもいいんじゃないの?!ということに気づかされました。

幸いわたくしは、すずさんと違って、今置かれている環境とは違う世界がある、ということを自覚しながら井の中にいることができます。

外の世界に侵食されそうになる自分を保っていくのはなかなか簡単なことではありませんが、まずは与えられた人生をとことん全うしてみよう。

この映画を観て、そう思いました。

まだまだ中目黒でやり散らかしてることは山のようにあります。

落ち着いて、日常と向き合いたいと思います。


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 Saori Mochizukiの水玉バッグSaori Mochizukiの水玉バッグ******* ☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆ *Saori Mochizuki Web Shop ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます Google+「Saori Mochizuki」ページ  にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへにほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へにほんブログ村 ファッションブログへ

脱・まわりくどさ

大人は判ってくれない

こんにちは、水玉とストライプ&ボーダーのバッグブランドSaori Mochizukiのデザイナー/水玉研究家の望月沙織です。

行ってきました、ジャン=ピエール・レオーに会いに!(トリュフォー没後30周年映画祭の初日に舞台挨拶がありました

久々に観た「大人は判ってくれない」もよかった。結局大人って、「大人」じゃないんだよね。遊びたいし、ラクしたい。そんな自分の都合やわがままに子供を押し込めようとするけれど、子供がおとなしく付き合ってくれないと、「あの子はダメな子だ」って言う。大人は判ってくれないというか、判ってないんです。

舞台挨拶をしたジャン=ピエール・レオーもすごかった。

「昔から何度も観ててすごく良い映画だと思ってて…」と社交辞令を交える質問者を「手短かに話してよ」と、ばっさり。

2つ目の質問にも絶妙なコタエを残した後に、「メルシー(もういいでしょ)」と席を立ち、動揺する司会者の静止を振り切るように会場を後にしました。

それに対して、”あのかわいかった「アントワーヌ」が偏屈なおっさんになっちゃった”と言ってる人もいたけれど、じゃああれ以上の何が、あの場でできたというんだ、とわたくしは思いました。

彼の映画、彼の人生、トリュフォーとのこと、等々、もう世界中で散々語り尽くされていますし、質問だって何度となくされてきているはずです。仮にあの場で1時間質疑応答を繰り返したところで、彼が聞かれたことの無い質問なんて、1コも出てこないと思う。

そう思うと、彼が今このタイミングでわざわざ人前で語ろうと思ってくれたこと自体が奇跡だと思いますし、初来日だったということの意味も理解できた気がしました(まだ一度も日本に来たことが無かったという事実に、最初わたくしは一抹の寂しさを感じていましたが、でも、まだ1度も行ったことのない場所だったからこそ、行く意味を見いだしてくれたのかな、と思いました)。

と同時に、本質に対して一直線に向かうことの大切さを改めて噛み締めました。

「ボクが今、ここに来ただけで意味があるでしょ。これ以上何度となく聞かれた質問にこたえたって誰も面白くないと思うよ」ということを、はっきりと行動にあらわして許されるのは、彼のキャリアをもってしてのことだとは思いますし(これを若手女優が「別に」って言ってやると、総バッシングの目に遭う…)、時に与太話も必要だとは思うのですが、それによって本質がぼやけてしまったり、本音が言えなくなってしまうのは、ちょっと違う気がします。

そして仕事が出来る人ほど、ズバリと切り込んできますが、そんな時、わたくしは思わず動じてしまうことがまだ多々あるので、そういう時でも自分が思っていることを反射的にきちんと返せるような核を自分の中に持ちたいと思いました。

ちなみにわたくしがジャン=ピエール・レオーの出演作で一番好きなのは、「コントラクト・キラー」

これ、トリュフォー映画じゃなくて恐縮なんですが、おっさんジャン=ピエール・レオーのとぼけた味がすみずみまで溢れていて、哀愁漂うとっても良いお話です。機会があったら是非ご覧になってみてください。

バッグデザイナー&水玉研究家・望月沙織/Saori Mochizuki


Saori Mochizukiのバッグは以下から購入できます(それぞれの画像をクリックしてください)。
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

【ブランドの裏側・奮闘記が読める!Saori Mochizukiのメールマガジン「もっとドラマチックな毎日」のご登録はこちらから】

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
通販サイト「KOSTER」
Google+「Saori Mochizuki」ページ