モノ作りで起業したい人がすべき重要なこと【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.9】

ニューヨークでの売り込み プレゼン方法

目次
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.1】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.2】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.3】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.4】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.5】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.6】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.7】
【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.8】

 

【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.9】
無鉄砲がうんだ機動力

 

こんにちは、バッグブランド Saori Mochizuki デザイナー&中目黒の雑貨屋 Accent Color オーナーの望月沙織です。

 

ニューヨーク・ヘンリベンデルでの売り込み体験記の総括ですが、当時の記事をあれこれ探しても、総括部分ががっぽり抜けててどこにも見当たりません。。。

 

今回のこのシリーズは、2014年6月から毎週1回、メルマガ会員さま限定で配信していたものになるので、最後のまとめがない訳はないのですが、ないものはもう仕方がないということで、今、当時を振り返ってあれこれ書いてみたいと思います。

 

まず一番感じたのは、とにかく当時は良くも悪くも無鉄砲だったな、ということでした。

 

わたくしは美大を卒業したわけでも、メーカーなどの勤務経験がある訳でもなかったので、ブランド立ち上げ当初は右も左も上も下もわからず、文字通り暗中模索・五里霧中状態でした。

 

だから、どれがチャンスで、どれが無駄な動きかの判断すらつかず、ぱっと見で少しでもチャンスの芽が感じられるものにははじから順番に挑んでいっていた気がします。

 

今は多少業界的な知恵がつき、自分としての経験値も増え、効率よく動けるスベが少しずつわかるようになってしまったので、そういう動き方は極端に減りました。

 

でもそうなると勢いも減ってしまうので、面白みに欠けてしまう部分もありますし、やる前から知った気になってしまって、色んな機会を失ってしまっているような気もします。

 

未経験のことが一発で上手くいく訳がないのに、失敗を恐れるのは無意味

 

 

最近は、「自分もものづくりで何かしたい」という方から相談を受けることがたまにあります。

 

そういう方は決まって

 

「どうしたらいいかわからない」

 

と言います。

 

そんな時、わたくしがいつも思うのは、

 

それは、どうしたらいいかわからないのではなくて、すでにわかっているけれど、それで失敗するのが怖いだけなのでは

 

ということです。

 

頭の中にはたとえぼんやりだったとしても、やりたいことは絶対に何か浮かんでいるはずなんです。

 

でもそれがうまくいく気がしない
 ↓
(うまくいくやり方が知りたい)
 ↓
どうしたらいいかわからない

 

ということだと思うのですが、それは

 

「一度も作ったことのないメニューを一発でおいしく仕上げてみたい」

 

と言っているのと同じで、とてもムシのいい話だと思うので、とにかくつべこべ言ってないで試しに一度やってみたらいいのに、と思います。

 

わたくしも、ニューヨークでの売り込みが上手くいくかどうかなんて、はっきり言って全くわかりませんでした。

 

そして案の定(?)採用されずに帰ってきたわけですが、それでもその時に得た経験を元に、色んな軌道修正を加え、海外での売り込み方を身につけ、今は香港に活路を見出しました。

 

当時はまさか自分が香港に足繁く通うようになるとは思ってもみませんでしたが、香港で上手いくためには必要なステップだったと思っています。

 

というか、ダメだったところで終わらせたら単なる失敗経験で終わってしまいますが、それをなんとか再利用というか(笑)、結果論でも構わないので「次に進むために必要だったステップ」に引き上げるために、何が上手くいかなかった原因なのか、どうやったら次に繋げられるのか、必死に考えたと言った方が正しいかもしれません。

 

自分が売りたいものと、相手が欲しがるものを区別する【海外売込み奮闘記・ニューヨーク・ヘンリベンデル編 vol.7】

 

vol.7の記事の中でも、

 

「大切なのは、1度目の売り込み失敗で得られた情報をもとに軌道修正すること」

 

と書きました。

 

わたくしはこれを、マネーロンダリングならぬ、失敗ロンダリングと呼んでいますが(笑)、しぶとく、失敗から1滴ももらさず何かを吸い上げてやる的な根性が重要だと思っています。

 

そう思うと、むしろ失敗はすべきものというか、失敗した時は、いいヒントがたくさん得られるチャンスになるので、挑むのも怖くなくなりませんかね。

 

最近のわたくしは、(怖さというよりも)面倒臭さを感じて縮こまってしまっていた気がしたので、改めてもっと色んなことに挑んでいかないとダメだな、ということを、このニューヨークチャレンジの振り返りで感じました。

 

また数年後、この記事を振り返った時に、

 

「この時の失敗が今の〇〇にもつながっている!」

 

と言えるように。

 

いろいろ、気力と好奇心を持って、新たな1歩に挑んでいきたいと思っています。

 

以上、ニューヨークでの売り込み奮闘記、でした。長々とお付き合いありがとうございました。


バッグブランド「Saori Mochizuki」
デザイナー
中目黒の雑貨屋「Accent Color」オーナー
望月沙織

 

Instagramも更新中
https://www.instagram.com/saorimochizuki/

 


 

中目黒の雑貨店(Accent Color)は完全予約制の営業を終了して、2016年8月より毎週金&土の11−17時で通常営業しております。ご予約のないお客さまもご来店いただけますのでお気軽にブラリと遊びにいらしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。 

Saori Mochizukiの水玉バッグ

Saori Mochizukiの水玉バッグ

*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆

Saori Mochizuki Web Shop 
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます 
Google+「Saori Mochizuki」ページ 
にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村 ファッションブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。