運を動かす

Saori Mochizuki お財布
わたくしは個人的にはこの財布を使ってます。手前味噌ですがとても使いやすいです。そろそろくたびれてきたから替え時、でしょうか。

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiデザイナー&中目黒Accent Colorオーナーの望月沙織です。

季節柄、お財布をお求め頂く機会が多いです。

風水的に言うと、赤やピンクやオレンジを使ったお財布はあんまりよくないみたいなんですが、うちはそんなことおかまいなしに(笑)それらの色のお財布を作ってます。

そしてどちらかというとモノクロやゴールド系のデザインよりも、赤ピンクオレンジ系のデザインのお財布の方が売れています(ネット上では完売済のデザインもあります)。

「金運はUPしますか??」

と聞かれることがたまにありますが、なんていうんでしょうか、うちのお財布を使い始めると、例えば

念願のマイホームを買うことになりました!
転職が決まって引っ越すことになりました!
結婚が決まりました!
子供ができました!

という、出費が多くなるけれど、その分それで得る幸せも大きい(かつ、得たいと思ってもそう簡単に手に入れることはできない幸せ)、みたいな出来事に恵まれる方が多いです。

そういう意味では、確かに風水の理にかなっているというか、お金の足が速くなるお財布ではありますが(笑)、でもわたくしはお金は血流と一緒で、新陳代謝よくまわしていくことが大切だと思っているので、こういうのはとても理想的なあり方だなと思ってます。

お金を遣う、っていう言葉は、どちらかというと罪悪感の影を引きずることが多々ありますが、でも、遣える体力がある、という部分に注目することも大切で、仮にその出所が借金だったとしても、(借金をする、という)行動を起こした結果として、手元にお金がある、ということだと思うので、それをまたさらに自分の手元から別の場所に動かすエネルギーを思うと、ただダラダラあてもなく貯めているよりはずっと清々しいな、と思ってます。

やっぱり運は自分で動いてつかみにいくもの、です。

というわけで、我がブランドの派手なお財布を使っていらっしゃるみなさん!

来年2016年も、一緒に、前のめりに人生をエンジョイいたしましょう〜。

わたくしも、今年以上にいろんなことに挑戦する1年にしたいと思ってます。来年もどうぞよろしくお願い致します!

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Color」オーナー
望月沙織

ちなみ中目黒の店舗は11月から完全予約制になっております。ご予約方法詳細等はこちらをご確認くださいませ。

Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ

2015は飲み込んだ

hanpo_48
お取引先店限定の年明け用福袋を詰め詰めし始めました。

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiデザイナー&中目黒Accent Colorオーナーの望月沙織です。

いよいよ年の瀬、今年もあと2週間たたずに終わってしまいます。。。

今年はいつにも増して、激しい1年でした。

もうなにがなんだかわからない、を絵に描いたらこれだ、っていうくらいいろんなことが起こりましたが、「どうしたらいいのかわからない…!」とかなり迷走した去年に比べると、どうしたらいいかわかったような気がした1年でもありました。

だからといって、すべてが思った通りに行ったわけではなく、去年悩んでいた部分が完全に解決したわけでもないのですが、それらの問題を一旦飲み込んでみるというか、解決できないことも含めて自分の中に受け止めてみたら、ちょっと気が楽になりました。

コタエや結果がでないのは、力不足だからではなく、時期ではないからだ、と思えるようにもなりました。

そういうと少々言い訳のようにも聞こえますが、でも、去年までも、そして今年も、考えられる限りのことはやりきっている自信はあるので、その中で見えてこないものは、もう人知を超えた範疇なんだ、そして、いつかその時がやってきたら、目の前にポンと現れるものなんだ、と思うようにしました。

もちろんやれることだけではなく、自分の実力の斜め上行くことにも色々挑戦しました。

その過程で、今まで経験したことのない辛い目にも沢山遭い、その度に、そこまでして本当に挑戦する意味あったのかな、、、と思ったりもしましたが、もちろん転んでもただでは起きないわたくし…、それもこれも、ここで終えたらただの「辛い目」だけど、これを今後の何かに活かせば、それは生きた経験になる、と思っております。

香港に何度も行ったり、それに飽き足らずシンガポールにも行ったり、いやいやその前に、事務所引っ越して店始めたり、途中で猫が行方不明になったり、これ全部、365日以内の出来事??って思うと自分でも笑っちゃいますが、おそらくわたくしは死ぬまでそんなペースでいくんだろうな、と思ってます。

というわけで、残りわずかな2015年を噛み締めていきたいと思います。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Color」オーナー
望月沙織

ちなみ中目黒の店舗は11月から完全予約制になっております。ご予約方法詳細等はこちらをご確認くださいませ。

Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ

今を生きろ

Saori Mochizuki
1点モノが売れて、次は何を飾ろうかなぁと考えているのは至福の瞬間です

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiデザイナー&中目黒Accent Colorオーナーの望月沙織です。

昨年いろいろと仕事の方向性で行き詰まった時に

「5年後、10年後の計画を立てなさい」

みたいなことを様々な方面から異口同音にアドバイスされたのですが、わたくしはこれが苦手で、全く考えることができませんでした。

希望がない訳でも理想がない訳でもないんですが、遠い先の未来に対して、緻密なプランを打ち立てることにあまり意味を見いだせないのです。

だからダメなんだ、と言われればそれまでなんですが(汗)、でも、今日は、遠い未来の踏み台のためにある訳ではなく、今日そのものとして目の前に存在します。

今日起こる出来事も決してないがしろにできるものではなく、今日、明日、明後日に突発的に飛び込んでくる予定に全力で向き合い、その都度そこで出た結果をもとに行き先を決める方がわたくしの性分には合っています。

5年10年とまでは行かないまでも、1ヶ月先、2ヶ月先の予定を決めてしまうのは、とりにくい予約や複数の人が絡む予定をおさえたりするには有効かもしれません。

ただ、そこで決めたことに縛られ過ぎるのもよくないとわたくしは思います。

たまーに見かけるタイプの人で、一度、「半年後に〇〇する」と決めると、例えば半年より手前、1ヶ月後や2ヶ月後にその「〇〇する」チャンスがやってきても、「いや、私は半年後にそれをやると決めたから」とかたくなになって、そのチャンスをスルーしてしまう人がいます。

これは端で見ていて非常にもったいないな、と思います。

というか、いつ「〇〇する」チャンスがやってきてもいいように、常に準備体操しとけよ、とも思うのです。

いろんな事情があって、半年後じゃないと状況が許さないということもあるかもしれませんが、たいていそういう人は、「半年後」と決めた猶予に甘えてしまっている気がします。

もしくは、臨機応変に動くことができず、自ら決めたルールにがんじがらめになってしまっているようにも見えます。

いずれにしても、明日は必ず訪れるものではありません。

生きている以上、今、この次の瞬間に死んでしまう可能性は誰にでもあります。

日々そんなことを考えながら生きていくのは疲れてしまうかもしれませんが、少なくとも今、この瞬間の自分にできる最高の力は発揮しながら生きていきたいな、とわたくしは思ってます。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Color」オーナー
望月沙織

ちなみ中目黒の店舗は11月から完全予約制になっております。ご予約方法詳細等はこちらをご確認くださいませ。

Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ

自分軸

saori mochizuki
こちらのデザインは、完売しております

こんにちは、バッグブランドSaori Mochizukiデザイナー&中目黒Accent Colorオーナーの望月沙織です。

よく

「メンズのバッグはありますか??」

と質問されます。

その度に

「メンズ用、としては作ってませんが、男性が使えるデザインもあります」

とお応えしています。

と同時に、毎回内心

「そんなの自分で判断しろ」

とクロモチヅキが叫びます、、、。

極端なことを言ってしまうと、ジャンル分けは売る側の都合で決められていることがほとんどです。だから「女性モノ」として売られているバッグを男性が使ったところで、本人が納得するのであれば何の問題もないのです。

ただ大抵の人は、選択肢がたくさんありすぎるとどうしたらいいかわからなくなって決められなくなってしまう、、、という事態に陥ります。

そのため、思考回路の導線を確保してあげるために、商品やサービスを提供する側が、「これはレディースですよ」「これは通勤バッグですよ」と道標を設けてあげているのです。

そして、このカテゴライズを越境しようとする人(例えば、「女性用」として売られているバッグを使おうとする男性)を、時に世間は「変わり者」として糾弾しますが、そんなこと、本来余計なお世話なんですよね。

またこの軸をずらすことで、今まで鳴かず飛ばずだった商品が爆発的に売れた、というケースもあります。

今ではすっかりおなじみの日清カップヌードルも、最初は全く売れなかったと聞きます。

発売当時はまだ、インスタント麺は主婦が家庭で鍋を使って調理することが主流だったので、袋入りのものが一般的で、カップヌードルは「変なパッケージに入った割高な商品」とみなされていたそうです。

それがコンビニが普及し始め、1人暮らしの若者などが、鍋がなくても手軽に食べられるものとして買い求めるようになり、一気に普及したそうです。

この話は、結果として「主婦→1人暮らしの若者」とターゲットの軸がずれた例ですが、商品そのものは何にも変わっていないんです。

そう考えると、世の中にあるものをそのものが既にカテゴライズされている枠にとらわれながら受け止めるのはとてももったいない話で、もしかしたらとてつもなく大きな可能性をつかみ損ねているかもしれないのです。

自分がいいと思ったら、それがベスト。

もしも迷ったら、その時になってはじめて、枠に委ねてみる。それくらいの気持ちを持ってみると、いつもとは違った風景が見えてくるかもしれません。

バッグブランド「Saori Mochizukiデザイナー
セレクトショップ「Accent Color」オーナー
望月沙織

ちなみ中目黒の店舗は11月から完全予約制になっております。ご予約方法詳細等はこちらをご確認くださいませ。

Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
Saori Mochizukiの水玉バッグ
*******

☆Saori Mochizukiの商品は以下のサイトでも購入できます☆
Saori Mochizuki Web Shop
Saori Mochizuki Yahoo!ショッピング店
ショッピングアプリケーション「Origami」(実際にお買い物ができます)
キュレーションサービス「Sumally」(実際にお買い物ができます)
Google+「Saori Mochizuki」ページ

にほんブログ村 デザインブログ 女性デザイナーへ にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ にほんブログ村 ファッションブログへ